彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 21日

舞い降りる

家族でしょうか、若鳥を間に挟んで餌場へと飛んできました
d0125872_1191424.jpg

d0125872_1194042.jpg

風が強かったので着陸姿勢が不格好に
d0125872_1201739.jpg

d0125872_1203992.jpg

d0125872_121932.jpg

d0125872_1212721.jpg

d0125872_1215283.jpg


by ckonkn | 2014-03-21 23:53 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by chitose.nori at 2014-03-22 21:10 x
夢見人さん こんばんは
ハイハイハイ・・・高笑い! 鶴の三機編隊、ゼロ戦でいうと小隊といった
ところでしょうか。本日の7枚全てが私の為に撮って頂いて、誠に申し訳
有りませんでした。何ともはや、素晴らしい着陸シーンを見せて頂いて
木綿のハンカチで目頭を押さえつつ、目がウルウルとしだし、涙がドバ
ドバと滝の様に流れ落ち、木綿の雑巾が必要になりました。
この様な嬉しさの表現で、私の感激度をお分かり頂いたでしょうか。
そして最後の7枚目の飛翔シーンは、感激の余り・・・をチビってしまい
温かを感じて、頻尿症になったのかと心配してしまいました。
本日は、有難うございました。
Commented by ckonkn at 2014-03-23 00:53
NORIさん こんばんは
青空だけでは面白くないので雲を入れた飛翔シーンを狙ってみたのですが
なかなか上手く入りません。見た目にはもっとはっきりとした雲だったのですが(涙)。
この日は朝から霧で出鼻を挫かれたので絶不調、気が抜けてました。
「木綿のハンカチで目頭を押さえつつ~」、だなんて最近の若いお嬢さんでも見せない姿...
と思ったら「木綿の雑巾」に「温かを感じて~」、と来てはとんだ災難でしたね(笑)。
でも余分な水分を流すのは身体に良いと思いますよ。半固形物でなくて良かった(ホッ)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 雪絡みのベニヒワ      一羽のタンチョウ(3) >>