彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 06日

あっぱれ!! オジロワシ

掴んだらサッサと逃げる、これが氷原の鉄則のようです
d0125872_052738.jpg

d0125872_052211.jpg

d0125872_044222.jpg

d0125872_044525.jpg

d0125872_044824.jpg

d0125872_045013.jpg

d0125872_045258.jpg

d0125872_045940.jpg

d0125872_05222.jpg

d0125872_05426.jpg


by ckonkn | 2014-03-06 23:46 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by gounai at 2014-03-07 10:49 x
おはようございます。

ピントバッチリ綺麗なな画像、お見事としか言い様が無いです。
Commented by chitose.nori at 2014-03-07 20:26 x
夢見人さん こんばんは
「オジロワシ」の羽が鮮明に撮れていて、見事に綺麗です。
何と表現したら良いのだろう。翼の羽根が絵画の描写の様な美しさが
あって、体が震える(寒さでね)くらい、又は、鳥肌が立つくらいに素晴
しい撮影で有りました。(少し寒そうな表現でしたか?)
ところで、氷原なのに、何処から魚を持って来たのでしょうか・・・・・?
Commented by ckonkn at 2014-03-07 23:36
gounaiさん こんばんは
これだけ近い距離を飛んでくれれば的が大きいので何とか見えますねぇ。
それに真横に飛んで行くのでヘボな腕でもファインダー内に何枚かは入ります。
Commented by ckonkn at 2014-03-07 23:50
NORIさん こんばんは
「体が震える」、「鳥肌が立つ」とはお世辞とは分かっていても光栄ですねぇ~。
多少はオジロワシの精悍さ感じて頂けたでしょうか...
いやいや、これは拙い画のせいでは無さそうですよ。
早いとこ病院に行って診てもらったほうが良いのでは(笑)。
結氷した湖の下には、油の乗ったコマイ・チカ・ニシンが集まって来るようで氷下待ち網漁
で獲れた魚のうち商品価値の無い「ザッパ」と呼ばれてるものがワシ達の餌になります。
3月に入り氷が緩み始めると漁も終盤、餌を貰えなくなったワシ達は移動して行きます。
流氷で有名な某所では餌以上の魚が撒かれるので氷の上は喰い散らかした魚の残骸だらけで
一度行けば十分、この地のような素朴さの中で撮るのが一番ですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 精悍_オオワシ      青空の争奪戦 >>