彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 16日

アリスイが止まる晩秋の湿原風景

この地では色々な背景でアリスリが楽しめます
d0125872_10433262.jpg

d0125872_10433438.jpg

d0125872_1043373.jpg

d0125872_1041376.jpg

d0125872_10422662.jpg

d0125872_10441068.jpg
d0125872_1044543.jpg

d0125872_1045327.jpg


by ckonkn | 2013-11-16 10:48 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by tanuki_oyaji at 2013-11-16 19:34
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
あらっ、もうずいぶん前に仕込んでいたんですね。
新たな湿原でこんなに素晴らしいアリスイに恵まれていらっしゃったとは。
色んな姿のが撮れるんではますます北に足が向かなくなってしまいますね。
Commented by CHITOSE.NORI at 2013-11-16 21:46 x
夢見人さん こんばんは
やはり、「アリスイ君」どことなく哀愁が漂っておりますよ。
特に6枚目をご覧下さい。何時ぞやの「モズ君」を探し求めております。
あのように、睨み合っていてもきっと、お友達だったのでしょう。
「モズってこいやァー」と叫んでいるように見えますが、如何でしょう。
「モズ君」はモズ君で、「それって、アリスかァー」なんて、言ってたり
してからにねェー。私も何故か、虚しさを覚えています。自分自身に!
Commented by ckonkn at 2013-11-17 16:50
tanuki_oyajiさん こんにちは
通い始めたて頃はアリスイが日に何度か出てくれたうえに、飛び入りの脇役たちの
サービスが良かったので、ついつい溜まってしまいました(汗)。
ここの良さは背景ですから多少遠くても我慢しております。
Commented by ckonkn at 2013-11-17 16:53
NORIさん こんにちは
確かにアリスイも良きライバルがいないと張り合いがなさそうですね。
それにアリスイの出が悪くなってからモズもどこか寂しそうな姿をしております。
かと言ってモズを撮りに行っているのではないので同情はしていませんが。
「虚しさを覚えています、自分自身に」って感傷的な爺さんは恰好つかないですよ。
どう足掻いてもあと2,30年、元気に愉快に!!
フー、あと2,30年かぁ~...
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< チュウヒが舞う晩秋の湿原風景      サンカノゴイ >>