2013年 11月 13日

サンカノゴイ

ラッキーにもサンカノゴイに出会う事が出来ました
居るのは分かっていても、日中は滅多に飛ばない、飛んでも気付いた時にはアシ原の中へ下りてしまうという難物とか
どうにか見られるのはたった2枚、初見初撮りなのでご容赦を
d0125872_2331951.jpg
d0125872_2332973.jpg


by ckonkn | 2013-11-13 23:07 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by ichibannori at 2013-11-14 05:29
ckonknさん おはようございます。
幻のサンチャンを早くも、しとめるとは、
もう一回ぐらいは撮れればいいですね。
その内、お邪魔します。
Commented by CHITOSE.NORI at 2013-11-15 20:42 x
夢見人さん こんばんは
本日も、珍しくて貴重な鳥なんですね。鳥名からして難解です。
「サンカノゴイ」鳥名の由来などあるのでしょうか?
姿かたちは「ヨシゴイ」と良く似ていますが、確かに、アシ原の中へ
入ってしまえば忍者の如く全く見つけ難いと思いますがご苦労様です。本当に貴重な鳥の撮影オメデトウございます。拍手・・・・・・・!
除雪機の点検も終わり、「雪よ、いつでも、来い!」であります。
Commented by ckonkn at 2013-11-16 11:07
ichibannoriさん こんにちは
全く期待して無かったのでラッキーでした。
せめて飛び出す場所が決まっていれば注意もしてられるのですがいきなりでは...
13日も右奥から飛んだのですが見送るだけでした(涙)。
次回は何時になることやら...
Commented by ckonkn at 2013-11-16 11:12
NORIさん こんにちは
鳥名の由来ですか、自分では撮れるチャンスは無いと思っていたので全くもって...
葦原に棲み“山家五位”と呼ばれる醜いサギ科の一種ぐらいしか知りません。
狙って行っても日中は殆んど飛ばないので宝くじより確率が悪いそうですよ。
究めようとすると一生終わってしまいそうです(笑)。
一昨日お山へ行って来たら2486mのお山も薄っすらと雪化粧でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< アリスイが止まる晩秋の湿原風景      オオタカが止まる晩秋の湿原風景 >>