彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 04日

北海道の夏_オジロワシとアオサギのエピローグ

新鮮なご馳走を得て湖面を颯爽と飛んで行きます
d0125872_2218303.jpg

d0125872_22183592.jpg

d0125872_22183967.jpg

d0125872_22184632.jpg

d0125872_22184948.jpg

d0125872_22185333.jpg

暫く唖然としていたアオサギ
d0125872_2219780.jpg

気を撮り直して程々の獲物を
d0125872_2219145.jpg

d0125872_22191626.jpg

d0125872_22191988.jpg

d0125872_22192197.jpg

こんなドラマが見られたサロマ湖の夕暮れを
d0125872_22311596.jpg
d0125872_22234434.jpg


by ckonkn | 2013-08-04 23:30 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by yamazaki-masao at 2013-08-05 05:41
彩の夢見人さん お早うございます。
最後の風景二枚、良い絵ですねぇ。
寂しい夕暮れの雰囲気に引き込まれそうです。
親爺が北の湖に入水しても絵になりませんので気を付けて見ています(笑)。
この場に私も立って居たかった.........。
Commented by yuugesyou at 2013-08-05 08:33
夢見人さん おはようございます。
オジロワシとアオサギ 未だ続きがあったのですね。
サロマ湖の夕暮れ! こんな風景画も時には好いですね。

私のXもリコールの対象でした。 7月11日に送って18日に戻って来ました。
特に異常は無しと云うことでした。 戻ってから撮影に出掛けていません。
メインダイヤルの右上に小さな傷が付いてしまったので直して欲しいとお願いしたら 
カバーを交換するので 工賃込みで29000円弱と云われたので 馬鹿らしいので  
修理しないで戻してもらいました。
Commented by ckonkn at 2013-08-05 23:19
ヤマザキさん こんばんは
湖に沈むオホーツクの太陽を撮りたかったのですが、日没時間前に雲の中に...
多少赤く染まってくれたのでアオサギのシルエットを撮って見ました。
あっちこっちで最後の餌獲りをしていたアオサギが居たのですがこの2羽が一番哀愁感が漂っていました。
この光景を背景に記念写真と行きたかったので生憎周りに誰も居なくて...
でも”サギ師を操る怪しい親爺”と言われなくて良かったですよ。
Commented by ckonkn at 2013-08-05 23:22
夕化粧さん こんばんは
余しても勿体無いのでダラダラと貼ってしまいました。
この日は夕陽をと思って6時過ぎまで粘ってみたのですが、雲に早々と隠れてしまいました。
ポスターで見るような「サロマ湖の夕陽」は年に数回有るかどうかのようですから
この程度で諦めるしか有りません。
それはそれは、異常が無くて何よりです。しかし「駆動機構へのグリスの塗布不足」とは
随分とアナログな組み立て工程ですね、”匙加減”で塗られたのでは堪りませんよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 北海道の夏_雨のコムケ湖とシブ...      北海道の夏_漁夫の利のオジロワシ >>