2013年 07月 31日

北海道の夏_オジロワシ

湖岸の流木に止まって
d0125872_0343329.jpg

d0125872_0345985.jpg
d0125872_23202313.jpg

d0125872_23202989.jpg

d0125872_23523334.jpg

d0125872_23523541.jpg

d0125872_23523836.jpg

d0125872_23524018.jpg

d0125872_23524225.jpg


by ckonkn | 2013-07-31 23:50 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by yuugesyou at 2013-08-01 08:08
彩の夢見人さん おはようございます。
どの画を見ても素晴らしいですね。 ベニもノゴマもノビタキも どれも秀作ですね。 
私のテトラポットに止まっているオジロワシ! 三流写真とは雲泥の差ですね。 
こんな素晴らしい画を見せられると撮り直しに行きたくなってしまいますよ。
Commented by ckonkn at 2013-08-01 19:45
夕化粧さん こんばんは
いやいや、「身に余る光栄」とは夕化粧さんのお言葉のことでしょうね。
夏の京都は行きたくないので「清水の舞台」の代わりに自宅の7階から飛び降りたい程の
恥かしさを味わっています。止まっているのをただただシャッター押してるだけ、
とても夕化粧さんの北海道シリーズには及びもしません。機材は同じなのに...(涙)。
この時既に1DXはAF不能、腕に問題有りの上にマニュアルでのピント合わせ、
足元はサロマ湖の水辺、靴を濡らしながらどうにか撮れました。
Commented by CHITOSE・NORI at 2013-08-01 20:39 x
夢見人さん こんばんは
「オジロワシ」、黄色の嘴が鋭く曲がっているところなど、精悍な面魂が
猛禽のワシたる所以で堪らなく、素晴しい絵で有ります。
特に、6・7・8・9枚目の流木からの飛び出しは、巧く捉えております
ねェー。  画面を動かしながら、自分で動画操作をしております。
また、流木から飛び離れて、翼を広げた姿勢が堪らなく、飛行機野郎
の魂をくすぐるシーンで有りますわァー・・・・
ところで、7枚目ですが、流木に足の爪が食い込んで、飛ぶ事かでき
ずに、下へコケたら面白かっただろうにと、可笑しな想像をしながら、
一頭笑い転げているクマ五郎でした。
Commented by ckonkn at 2013-08-02 11:42
NORIさん こんにちは
湖の岸部に飛んで行ったのでもしやと思い砂浜を探していたら何と流木に...
海側で流木に止まっているのは何回か見たことは有ったのですが湖側では初めてでした。
遠浅ですから獲物が流れ着くことは無いと思うのですがジーと待っているようでした。
草叢の陰から近付けたのでラッキーにも至近で撮ることが出来ました。
「流木に足の爪が食い込んで、~下へコケたら~」なんてシーンを撮って見たかったですよ。
その前にこっちが水草に足をとられてドボンってことになったかも知れませんが...
あっ、柳の枝に掴まったまま川に落ちたというドジな人も居たなぁ~(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 北海道の夏_オジロワシ(2)      北海道の夏_ベニマシコ(4) >>