彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 29日

オオタカの幼鳥

少し遠出したところでオオタカの幼鳥に出会えました
 いきなり目の前の枝に
d0125872_2311521.jpg

d0125872_2312085.jpg

 スッキリとした枝には止まってはくれません
d0125872_2305730.jpg

d0125872_2303661.jpg

d0125872_2259851.jpg

d0125872_22575535.jpg

d0125872_22573649.jpg


by ckonkn | 2013-07-29 23:30 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by CHITOSE・NORI at 2013-07-30 21:21 x
夢見人さん こんばんは
幼鳥とはいえ、オオタカの眼光といい、嘴には鋭いものが有りますね。
止まった枝は、可なりの至近距離だったのでしょうか?
これは、私の推測からすると、狙われていますよ。心配です!
何ガって、負傷している左手の親指の事です。まだ、完治せずに爪の
中が内出血しているでしょう。オオタカには臭うので有ります。
その親指を、残りの4本の指で隠しながら撮影しなければねェー!
「危ない、危ない、獲物と間違えられては・・・・・」、ククク・・・・!
とは言う物の、バッチリ捉えておりますね。見ごたえ有りです。
「ようこそ、ここへ、クック、クック・・・」でしょうか。クマ五郎でした。
Commented by ckonkn at 2013-07-30 23:57
NORIさん こんばんは
1枚目は近過ぎてピントが合わなかったので2,3m下がってやっとでした。
目が綺麗だったですよ。まだこのぐらいのうちは怖い物知らずなのでしょうね。
こちらが近づけば逃げますけどジーと立っていたので餌探し(と言っても昆虫類
がやっとでしょうけど)に夢中でうっかりしたのでしょう(笑)。
なるほど!、次回に「ようこそ、ここへ、クック、クック・・・」と歌いながら
また見せてやりますよ。また至近で撮れるかも知れないので(笑)。
やっと黒ずみが爪の2/3にくらいになりました。やはり歳なんですね、
爪の伸びるが遅いこと...
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 北海道の夏_ベニマシコ(4)      セイタカシギ >>