彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 01日

相変わらずのヨシゴイ

葦原から飛び出て、田圃の上を飛び別の葦原へ、そしてまた元の葦原へ
毎日これの繰り返しですが、撮れた撮れないで一喜一憂
 今日は葦原の中のイグサの中から
d0125872_1113434.jpg
d0125872_1121578.jpg

d0125872_1121912.jpg
d0125872_1123782.jpg
d0125872_113619.jpg
d0125872_1131839.jpg
d0125872_1133211.jpg
d0125872_1134411.jpg
d0125872_1135941.jpg

今日の徒然はアマサギの居る風景
d0125872_135410.jpg

d0125872_1213217.jpg


by ckonkn | 2013-06-01 23:49 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by koshizumi2 at 2013-06-02 11:18
彩の夢見人さん、こんにちは
こちらの有名ポイントを凌駕するような作品群におののいてます
背景の悪いコアジサシや炎天下の灼熱地獄で撮るヨシゴイと比べると、そちらの方が断然上です
Commented by koruri_9638 at 2013-06-02 16:30
彩の夢見人さん こんにちは
ヨシゴイってこんなに動き回るんですか、
なんとかゴイっていうのはジッと動かないもんだとばっかり。
アマサギも婚姻色の亜麻色が出てきましたね~~~、
この色が出ると素人の私でもアマサギって判別できます。
Commented by tanuki_oyaji at 2013-06-02 18:20
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
ヨシゴイの飛翔姿って首を伸ばしてなかなか精悍な格好をしているんですね。
見るからに速そうなスタイルではないですか。
日頃の飛び物訓練の成果が見事に発揮されていますね〜
Commented by CHITOSE・NORI at 2013-06-02 20:54 x
夢見人さん こんばんは
何時もは、青い空に鳥達か飛翔している場面が飛び込んで来るのです
が、本日は緑の空に「ヨシゴイ」が飛び回っています。
特に2枚目の緑の海に「ヨシゴイ」が遊興しているのがとても良く、何故
か緑の芳しい芳香を感じます。緑に飢えておりますのでねェー
それと、6枚目の不恰好な着地態勢が何故か後部が千切れた「コンコ
ルド」に似ていて面白いです。大好きな1枚ですよ。
緑の海に、おもいっきり「犬かき」で泳ぎたい、クマ五郎です。
Commented by ckonkn at 2013-06-02 23:57
越谷住人さん こんばんは
たまには目線でも撮って見たいのですが、道路に下りてもなおも目線下です。
もっとも道路に下りたら通りかかる工事車両の土埃を浴びて色白になりますが(笑)。
こちらはご覧の通りの質素な背景だけ、土手を吹き抜ける風だけが救いです。
Commented by ckonkn at 2013-06-02 23:59
クロジーさん こんばんは
結構行動範囲は広いですよ。中には10mも飛ばない物臭なヤツも居ますが。
撮る方も車から降りて10m、椅子に座ってですから完全にコヤツ以上ですが(笑)。
同じですよ、未だにサギの見分けが付かず、”シラサギ”に統一して欲しいくらいですから。
Commented by ckonkn at 2013-06-03 00:01
tanuki_oyajiさん こんばんは
「精悍な格好」だなんてヨシゴイが聞いたらさぞや喜ぶでしょうねぇ~!
oyajiさんなら十分速さについていけると思いますよ。
毎回ヨシゴイのお情けにすがってスピードを落とした時しか撮れてません。
Commented by ckonkn at 2013-06-03 00:05
NORIさん こんばんは
「緑の空」、「緑の海」とは何とも美しい言葉ですねぇ~。
又してもこれ程の美辞麗句を並べて頂けるとヘボな絵でも上手く撮れたような気分になります。
不格好にも見える鳥なのですが、何故か見てるとホッとしますよ。
ヨシゴイには失礼ですが、同類相憐れむってことでしょうか(笑)。
千歳川の河川敷もそろそろ「緑のジュータン」に覆われるでしょうね。
愛機だけには「犬かき」をさせないでくださいね、せめてクロールで岸部まで...(爆)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 青空を撮りに      土手での徒然に >>