彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 28日

田圃のコアジサシ

田植えの済んだばかりの田圃にコアジサシが水浴びにやってきます
d0125872_1283163.jpg
d0125872_1283614.jpg

d0125872_0432641.jpg
d0125872_0434274.jpg
d0125872_0441610.jpg
d0125872_0442352.jpg

畔に止まって羽繕い
d0125872_0455857.jpg
d0125872_0444715.jpg
d0125872_0462067.jpg

そして飛び立って行きます
d0125872_0471933.jpg


川岸とは違った面白さが有ります

by ckonkn | 2013-05-28 23:41 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by koruri_9638 at 2013-05-29 19:07
彩の夢見人さん こんばんは
田んぼで水浴びとはシギチの乗りなんですね、
私は鯵刺しっていう位だから塩気のある水が好きかな・・・と思ってたんですが(笑)。
巨匠といい名人と言い近場にポイントを持たれている方が羨ましいです、
Kにはめぼしい鳥はいません…カワセミは本当に絶滅してしまったのでしょうか(涙)。
Commented by CHITOSE・NORI at 2013-05-29 20:56 x
夢見人さん こんばんは
本日は、「アジサシ」が田んぼの中ですか???
どうせならば、「アジサシ」得意の急降下で田んぼの泥水へ突っ込み
ドジョウを銜えたまま、頭が抜けなくて羽をバタバタさせているところを
撮って貰いたかったのですが、我が儘でしょうかねェー ハハハ・・・・
昨日は「名前」を入れなくて失礼いました!
「名前」は入れたのですが、送信を押した途端に「名前」が消えてしまい
ました。家のPCが余程「名前」を伏せたい理由が有ったのかも・・・・・?
「アジサシ」の着陸態勢の羽の動きもいいねェー クマ五郎でした。
Commented by tanuki_oyaji at 2013-05-29 21:56
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
あら〜 田植えの終わった水田で水浴びとはまた珍しいものを。。。
こんなに季節感のある見せ場を作ってくれるなんて気の利くコアジサシですね〜
Commented by koshizumi2 at 2013-05-29 22:12
彩の夢見人さん、こんばんは
なかなか変わった雰囲気で良いじゃないですか
これで畦道で営巣してたら雛が撮れますしね
それにしても、飛び物を取り混ぜてくるなんて流石です
Commented by ckonkn at 2013-05-30 00:21
クロジーさん こんばんは
沿岸部から内陸までとは順応性が高いですね。
海辺で育った個体は塩分過多で高血圧ぎみで心臓病、脳卒中で短命、
一方内陸生まれは越冬先の海辺でやはり塩分過多で... 何てことは無いでしょうねぇ~(笑)。
名人と違ってこの道に入ったのは今年の連休からですからホカホカの初心者、
支配人もGを駆ってお越しなったら如何ですか、田圃の風は心地よいですよ(笑)。
M池はどうなったのでしょう、夏場の避暑地だったですよね。
Kカワの復活はM池のドブ沼化を何とかしないと...
Commented by ckonkn at 2013-05-30 00:25
NORIさん こんばんは
まさかねぇ~、そんなシーンが有ったら激写したいですよ。
稲を植えたばかりの田圃を選んで水浴びをするくらいですから水の深さを考えているようですよ。
ドジョウ獲りはやはりサギのように抜き足差し足で獲らないと...
でもそんなシーンはどなたかの「咄嗟に掴んだ柳の枝が折れてドボン」以上のドジさでしょうね(笑)。
明日から河川敷では気を付けたほうが良いですよ。コアジサシが怒って大集団で遠征に行くかも
あの嘴で代わる代わる防御機能の薄くなった脳天を突っつかれたらそれはそれは...
北海道に渡らないとは言え、一族の名誉のためですから敵さんも本気になりますよ(笑)。
Commented by ckonkn at 2013-05-30 00:28
tanuki_oyajiさん こんばんは
このくらいの田圃が彼等には丁度良いのでしょうね、稲が育ち過ぎると下りられないですからね。
川で餌取りと同時に泳げば一遍に出来ると思うのですが、何故か水浴びは...
水を張った休耕田が有ればそこにやって来るでしょうが、生憎と当たり一面稲が...
こんなシーンが見られるのもあと一週間くらいでしょうか。
Commented by ckonkn at 2013-05-30 00:30
越谷住人さん こんばんは
水浴びと畔での羽繕いだけでは一時間もすれば飽きてしまいますからね。
曇天の日は8時から3時頃まで過ごすには持ってこいの日、飛び物に挑戦する絶好の機会でした。
所詮素人ですから時間をかけても名人のようには撮れませんが何とか数枚を残せました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 田圃のコアジサシ(2)      ヨシゴイ >>