2013年 05月 23日

コマドリ

青々とした苔の上に...と期待して出かけたのですが
まだ早かったようです
d0125872_13112012.jpg

d0125872_13133276.jpg

d0125872_13141667.jpg

d0125872_13135631.jpg

d0125872_13132131.jpg


by ckonkn | 2013-05-23 13:18 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by tanuki_oyaji at 2013-05-23 20:46
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
何をまぁぶつくさと。。。
こんなに素晴らしいものを撮っておきながら何がご不満なんだろう。
このぐらいの苔の方が若々しくって良いじゃないですか。
Commented by CHITOSE.NORI at 2013-05-23 22:24 x
夢見人さん こんばんは
本日の「コマドリ」は1枚目から、素晴しい舞台の上で唄っておるでは
ないですか、相変わらず大きな口を開け、空に向って声をはりあげて
おりますが、隣にもう一羽おりましたら「コマドリ姉妹」でしょうかね。
今日のはソロですから、差し詰め「泣くなァーよしよし寝んねしな・・・・」
「赤城の子守唄」東海林太郎というところでしょうか、ハハハハ・・・・・・」
なるほど、夢見人さんが嘆いているように、本来は湿った苔の上に居て
もらいたかった訳ですね。いえいえ、立派な古木の上に立っているのも
素晴しい演出効果だと思います。「素敵、ステキ」と表現します。
次は、何が出て来るのか、鼻毛を抜きながら楽しみに待つ、クマ五郎。
Commented by akaiga-bera at 2013-05-24 07:12
おはようございます。
下のセッカさん、とうとうアカツメグサで撮られましたね。
私も足を運んだのですが手ごわいですね、なかなか見つかりません。
またまたなんて可愛いのだろうと大好きセッカさんmさらに大大好きになりました。
すみません、下の感想で・・・。
Commented by ckonkn at 2013-05-24 16:40
tanuki_oyajiさん こんにちは
月曜日に雨が降ったので翌日出かけたのですが、現地は降らなかったようで乾いてました。
やはり苔は青々してないと自分の人生を見てるようではないですか(笑)。
帰りの高速で前が見えない程の雷雨、せめて早朝に降ってくれてたら良かったのですが。
Commented by ckonkn at 2013-05-24 16:43
NORIさん こんにちは
いやいや、何とも!、随分古い例えですねェ~!!
東海林太郎ってこんな姿で歌ってたのですか~、話には聞いたことが有りますが(笑)。
姉妹もこの間TVのバラェティー番組に出てましたが、渓谷では絶対出会いたくないですねェ~。
まあ、今回の例えは無理が有りましたね、このコマドリは♂ですから(笑)。
枯れた苔では同系色ですから、やはりヘボな腕には反対色のフカフカの苔の絨毯の上が一番ですよ。
Commented by ckonkn at 2013-05-24 16:48
赤いガーベラさん こんにちは
前回よりは近付きましたが、ガーベラさんが撮ったようにはいきませんでした。
あのシーンは奇跡に近いですねェ~!! どうしても周りの高い草に止まってしまいます。
これから日射しを遮るものも無く暑いですが何時かはきっと...(笑)。
Commented by koruri_9638 at 2013-05-24 21:06
彩の夢見人さん こんばんは
おっ!とうとう出てきましたか~~~、
何処で撮られたのか判りませんがこれだけ撮れれば十分ではないですか。
高いお山は私にはハードルが高いのでなかなか出会えません、
遡上中の個体でも運よく出会えればいいのですがその運も有りませんし(涙)。
今年もコマドリはこのブログで目の保養…よろしくお願いします。
Commented by ckonkn at 2013-05-24 23:34
クロジーさん こんばんは
前にご一緒した渓谷の近くの沢違いの場所なのですが少しばかりシンドイとこです。
日当たりが良過ぎるのとまだ少し時期が早く苔が枯れぎみでした。
また機会が有ったらリベンジに行きたいのですが、遠出が億劫になってきました。
今年は彼の地でマミちゃんに出会っている強運からすればきっと出会えますよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< コマドリ_愛の光景      セッカ詣_その2 >>