2013年 04月 04日

ボケの枝に(3)

こんなシーンに出会えるとゾクゾクものです
d0125872_014663.jpg

d0125872_014228.jpg

d0125872_0144930.jpg

d0125872_0151883.jpg


by ckonkn | 2013-04-04 23:53 | 野鳥 | Comments(12)
Commented by yuugesyou at 2013-04-05 07:29
夢見人さん おはようございます。
いつも素晴らしいベニマシコの画像を見させていただいていますが
これは更に素晴らしいですね。 まさに国宝級ですね。
こんなのが撮れたらゾクゾクしますね。 鳥肌が立ったことでしょう!
Commented by gounai at 2013-04-05 13:03 x
夢見人さん、こんにちは。

素晴らしいシーン撮ってますね、流石です。

*尾羽を縛ってベニを動かない様にしてるとか・・・(爆)。
Commented by auroreus at 2013-04-05 19:23
彩の夢見人さん こんばんは
これは文句無く素晴らしいっ!!
私も過去に結構紅絵を撮りましたが・・・
「ボケとベニ」がこれ程綺麗に組み合わさった絵は見たことが有りません。
これは巨匠にとっても快心のベニ絵になったのではないですか  見事です!!。
Commented by CHITOSE.NORI at 2013-04-05 20:26 x
夢見人さん こんばんは
昨日の「ボケの枝に(2)」では、「千利休」感覚ではありましたが、本日
はまた、素晴しい「有田焼」花鳥図の柿右衛門様式ではありませんか!
本当に綺麗な、紅色のボケと鳥、真に鮮やかというべきでしょう。
夢見人さんにとっては、絶品の1枚でしょう。私も背中がゾクゾクして
きたので、風邪でも引いたのかなァー   ハハハヘクションです。
何ですか、「毛づくろいするほど、毛があるかと」何と異な事をおっしゃる
か、両手程の毛なら充分あり申す。風邪なら頭から引きますがね。
帰北の渡り鳥からの直撃弾を受けた車を見ましたが、最悪です。
中々立派な「糞」でありましたので、「ウン」が付いて良いのでは・・・・・
アロンアルファで抜け毛防止をしている、クマ五郎でした。
Commented by ten-zaru at 2013-04-05 20:38
彩の夢見人さん こんばんは。
おお~~~~っ、鳥肌が立ってきました。
背景の淡いグラデーション、赤いボケ、ベニのポーズ
どれをとっても文句無しの逸品です。
Commented by Bluenotejoy at 2013-04-05 21:57
夢見人さん こんばんは。
これはこれは圧巻!ですね。
「先撮り先載せ」しなかった意味が頷けます。
でもタイトル画像に別シーンが・・・
まだ真打ちが控えている様ですね。
Commented by ckonkn at 2013-04-05 23:36
夕化粧さん こんばんは
花に埋もれているとヘボな腕も隠せるのですが、すっきりし過ぎると難しいですねぇ~
このシーンだけで200枚弱残せたのですが、何の芸もしてくれませんでしたから
撮影時間違いの同じ絵ばかり、やっと3パターン使えました。顔の向きが多少違ってます(笑)。
”国宝級”だなんて...それこそ鳥肌が立って来ますよ。”酷呆級”が妥当なのでは...
Commented by ckonkn at 2013-04-05 23:41
gounaiさん こんばんは
有難うございます。
いやいやベニも素敵なカメラマンが居たので見惚れてしまったのが
同じ姿勢でしばらく固まってましたよ。でも♂だったんですよ(笑)。
Commented by ckonkn at 2013-04-05 23:49
クロジーさん こんばんは
ボケの花がこれぐらいだと良いアクセントになりますねぇ~。
常連さんの話でも今季最高のシーンだったようです。
枝の天辺に止まってくれたので背景が抜けてまさに「快心」の出来でした。
こんなシーンに出会えてラッキーでした。何時も早朝ばかりで間に合わなかったのですが
この日はベニも寝坊してしまったようで、遅めのステージ、身動きしないで止まってました(笑)。
Commented by ckonkn at 2013-04-05 23:53
NORIさん こんばんは
”花鳥図の柿右衛門様式”とは今回もサビの利いたコメを有難うございます。
”何でも鑑定団”に出してみたくなりました(笑)。
何回も通うとベニも根負けしてしまうのか良い所に止まってくれました。
こんなのが有るから何回も通ってしまうのですが...
これは失礼しまいた、「両手でも溢れる程」ではないのですねぇ~(笑)。
でも洗髪が楽だしシャンプーも少なくて済みますよねぇ~。
直撃弾を頭に受けない様に注意してくださいね、育毛剤にはならないですから...
Commented by ckonkn at 2013-04-05 23:58
ten-zaruさん こんばんは
この3パターンしかベニの姿勢違いが無いのが残念なのですが
奇跡が起こってくれたようです。こんなシーンは最初で最後かも知れません。
この時がピークで、もうボケの花も萎れてきてしまったのでまた来年が楽しみです。
Commented by ckonkn at 2013-04-06 00:00
Bluenotejoyさん こんばんは
ご推察の通りです、撮った順ではこの日で打ち止めになってしまいますし
ご馳走は後から...のタイプですから(笑)。
ちょっと難有りなのでロゴ絵にしたのでご期待には添いませんよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< タンチョウの舞い_ペア編      ボケの枝に(2) >>