2013年 03月 27日

キジが一羽

ボケの花見に
d0125872_12292573.jpg

   右側にチョコっと咲いていますが、何だか分からないので
d0125872_1392343.jpg

 ショボイホロ打ちです
d0125872_12302599.jpg
d0125872_12302727.jpg
d0125872_12303052.jpg
d0125872_12303848.jpg
d0125872_12304178.jpg
d0125872_12304613.jpg
d0125872_12304822.jpg
d0125872_1230519.jpg
d0125872_1231381.jpg

 現場には桃太郎とは程遠いカメラマンが4人、家来にはなりたくなかったようです
d0125872_12525410.jpg


by ckonkn | 2013-03-27 13:02 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by gounai at 2013-03-27 20:26 x
こんばんは、キジ君、サービスが良いですね。
後でキビダンゴでも上げたんですかね(爆)。
Commented by tanuki_oyaji at 2013-03-27 21:24
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
久しぶりにキジを見たような気がします。
今季、いつもの公園でも殆ど見る機会がありませんでした。
まだホロ打ちも板に付いていなかったようですね。
白っぽい花は上向きに咲いているようだし、これもボケではないんでしょうか。
Commented by CHITOSE.NORI at 2013-03-27 22:17 x
夢見人さん こんばんは
ボケの花は、我が家の庭に「赤・白・橙色」三種類ありますが、全て雪
の中で凍り付きバク睡しており、早く目を覚ませと願っております。
キジの羽ばたきは初めて見ましたが、随分と初列風切り羽が長いのが
目に付きました。その割りに羽が短いのでしょうか。瞬発力はあっても
長距離は無理でしょう。足は鶏のように太いので、地上を走るのには
便利で、鍋物になるには最適でしょうかね。尾羽は気持ち良く長くて、
素晴しいものがあります。彼は、何を叫んでいるのですか?
雪解けを横目で見ながら、斉藤政喜 著者の「東方見便録」を読みなが
ら見聞を広めている、臭いクマ五郎でした。
Commented by ckonkn at 2013-03-28 00:55
gounaiさん こんばんは
この場所では行く度に鳴き声を聞いていたのですがやっと姿を見せてくれました。
行き着けのコンビニには甘辛ダンゴは有ったのですがキビダンゴは無かったんですよ。
ポケットにのど飴が有ったんですけどねぇ~、好みかどうか聞く前に遠ざかってしまいました(笑)。
Commented by ckonkn at 2013-03-28 00:57
tanuki_oyajiさん こんばんは
以前はKで良く見かけましたよねぇ~。この地では良く人前に出てくるようですよ。
1枚目の右端に少しだけボケの赤い花が写っているのですが
20mくらいの長さで4,5列植わっているボケの花には絡んではくれませんでした。
Commented by ckonkn at 2013-03-28 01:01
NORIさん こんばんは
そちらではボケの花は5月に入ってからなのでしょうか、こちらは満開ですよ。
その花絡みの小鳥を狙って行ってるのですが、この日はキジが来てくれました。
この地には林、草地、河川敷、沼地と自然が残されているのでキジの棲家としては
最適なのか鳴き声を頻繁に聞くことができます。
走ったら速いですよ、時速30kmは出せるようですから飛ぶより速いのでは。
またまた新たな分野の便学、いやいや勉学に勤しんでいらっしゃるとは...
それにしてもスゴイ分野の本が有るものですねぇ~!!
まさか「キジ撃ち」から発展させて...
「キジも鳴かずば、撃たれまいに」て言葉も有りますよ(爆)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 頭の上でジュルジュル      お花見モズ >>