2013年 01月 16日

道南巡り_ハシブトガラ

留鳥のハシブトガラを霧氷の付いたツリバナの蒴果の中で
d0125872_23274499.jpg

d0125872_23275767.jpg

d0125872_23281134.jpg

d0125872_23281920.jpg

d0125872_23283611.jpg


by ckonkn | 2013-01-16 23:29 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by CHITOSE.NORI at 2013-01-17 11:06 x
夢見人さん おはようございます
何処へお出かけかと思いましたら、道南でしたか、それは、それは寒い
中ご苦労さまでした。今年の道南は例年になく雪が多くありませんでし
たか? 大沼や駒ケ岳で「60代の男性が」カメラを握ったまま凍死とは
ニュースになっておりませんでしたので、一安心です。
まさか、鹿部町の間欠泉で、ケツを温めていたのではないでしょうね!
とに角、エゾフクロウの目を瞑った精神統一の絵と、ハシブトのシバレタ
枝のりは、見ているだけでブルブルと寒さを感じさせる、如何にも北国
の素晴しい風景ではないでしょうか。
寒さに耐えられない、冬眠中のクマ五郎でした。
Commented by koshizumi2 at 2013-01-17 15:33
彩の夢見人さん、こんにちは
コガラとそっくりなハシブトガラですね
私には全く区別がつきません
良い雰囲気の場所に止まってるじゃないですか
友情出演のヒガラも良い味出してますよ
Commented by tanuki_oyaji at 2013-01-17 21:41
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
ツリバナの実が可愛く散らばっている中に、コレマタ可愛いハシブトガラ。
ホントに良い雰囲気がありますね〜
同じようなコガラを撮ってもこちらの絵のようにはならないです。
Commented by ckonkn at 2013-01-17 23:39
NORIさん こんばんは
冬眠中のところを突然起して機材を咬み砕かれたら泣くに泣けないですから、
今回はお知らせせずに行ってしまいました。
間欠泉が有ったとは前回は気付きませんが今回は止まってましたよ。
ファインダーを覗く目からは寒さの為か涙が「間欠泉」状態でした。
「霧氷」と言うには無理が有りましたね、これでは「霜」くらいでしょうか。
外の寒さはさほどでも無かったのですがホテルの部屋の寒さには参りました。
エアコンの温度設定を最高の28度、風量を最大にしても寒々、
これでまた風邪をひいてしまったようです。
Commented by ckonkn at 2013-01-17 23:42
越谷住人さん こんばんは
釣り下がった蒴果の赤茶色と霧氷(大分融けてしまったようで霜程度ですが)
の付いた白い枝が印象的だったので思わず撮ってしまいましたが
腕が悪いと「ゴチャゴチャ絵」にしか見えないですね。
コガラとヒガラ、未だにどっちがどっちだか(笑)。
Commented by ckonkn at 2013-01-17 23:45
tanuki_oyajiさん こんばんは
実物はもっと綺麗で印象的だったのですが、上手く写せませんでした。
センスが無いとこういうシーンは難しいですね。
去年も同じところを歩いたのですが、こんな樹が有ったと気付きませんでした。
こんなシーンでレンジャクを撮りたかったですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 道南巡り_ハシブトガラ(2)      道南巡り_エゾフクロウ >>