彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 02日

秋、十四夜の花火_その1

土曜日鴻巣市の花火大会に行ってきました
15000発の花火が打ち上がりましたが撮るのは4年ぶりフレームアウトばかりで難儀しました
 十四夜の月と単発もの
d0125872_1113831.jpg
d0125872_112078.jpg

d0125872_1231862.jpg

d0125872_1233952.jpg

d0125872_1242628.jpg

d0125872_1252795.jpg

d0125872_1254475.jpg

d0125872_126262.jpg


by ckonkn | 2012-10-02 06:00 | 花火 | Comments(12)
Commented by yamazaki-masao at 2012-10-02 06:08
 彩 玉や~~~! お見事です。
Commented by gounai at 2012-10-02 09:47 x
綺麗ですねぇ~、お見事です。
Commented by koshizumi2 at 2012-10-02 12:18
素晴らしい
この一言に尽きます
良くこんなのが撮れますね
Commented by ckonkn at 2012-10-02 19:39
ヤマザキさん こんばんは
随分と年季入りの掛け声ですねぇ~!!
もしや文化文政時代の生まれではないですよねぇ(笑)。
豪華さではスターマインですが素人には難しく火事を撮っているようにしか映らないので
単発ものだけを狙ってみました。爆芯と花を真ん中に入れるのに四苦八苦でした。
Commented by ckonkn at 2012-10-02 19:45
gounaiさん こんばん
花火の醍醐味は打ち上げ場所から360m以内で見ることですねぇ~
打ち上がったと同時「ドーン」の音がハラワタまで響き渡ります。
しかし燃えカスもたっぷりと降ってきますけど(笑)。
Commented by ckonkn at 2012-10-02 19:50
越谷住人さん こんばんは
鳥を撮るより簡単ですよ。
”花火が打ち上がったらバルブを開け、適当に写したら閉じる”これで写りますから(笑)。
単発の割物が色が綺麗で好きなんですよ。最後の絵が一番好みの色です。
上がっていく光跡と爆発した瞬間から花が形作られるまでの光跡を追っているのですが、
打ち上げ場所、花火の大きさによって爆芯の高度が違ってくるので汗をかきます。
Commented by CHITOSE.NORI at 2012-10-02 21:03 x
夢見人さん こんばんは
昨日までの「アオバト」を見ておりまして、ハトには数多くの種類がある
とは知っておりましたが、「アオバト」を見るのは初めてでした。
珍しいハトがいるものだと、感心をしておりましたが、本日は花火でその
「アオバト」がぶっ飛でしまいました。何と、花火の綺麗なことか・・・・・!
ここ数年、「花火大会」など行った事が無く花火を見たのは「ロンドン・オ
リンピック」開会式の花火をテレビで見たぐらいですハハハハ・・・・・・?
私も一番最後、8枚目の画面が好きで、如何にも日本的な美しさで有り
「ドーン」と音の響きと共に華麗な光絵を実物で見たいものです。
最近素晴らしい「ドーン」という音を聞いたのは、小生の「屁」の音ぐらい
でしょうか! 一瞬、何の音だろうかと、キョロキョロしました。
食べ過ぎで、腹が出てきた、クマ五郎でした。
Commented by tanuki_oyaji at 2012-10-02 21:55
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
わぁ〜 これまた綺麗な花火ですこと。。。
特等席の花火鑑賞は迫力も段違いにあったでしょうね。
それに比べると私の居た土手の上では耳を澄ませてようやく聞えるぐらいでした。
Commented by akaiga-bera at 2012-10-03 07:27
おはようございます。
お世話になりました。お聞きしていたお月さまと花火、すてきですね。
十五夜の月は嵐で見られなかったのでイブの月がみられて良かったですね。
美しい画像、楽しませていただきました。音だけは遠くに聞こえましたので・・・思いだしながら。
Commented by ckonkn at 2012-10-03 10:12
NORIさん こんにちは
本来山の鳥ですから平地で見られたのはラッキーでした。
なぜか塩分を含む水が好きなようで道内では小樽の張碓海岸では6月頃から海水を飲みに来るようですよ。
醤油工場の排水や塩分を含む温泉のお湯なども飲みにくるようですから面白い習性です。
心筋梗塞や脳卒中などの循環器疾患によくならないものです(笑)。
テレビなら燃えカスを浴びないから風呂上りでも安心して見てられますよね(笑)。
何時も思うのですが皆さん屋台や家から持っていった食べ物を食べたりブルーシートの上で
宴会をやってますが、上からいろいろな調味料が降ってくるのを気にしてないようですね(笑)。
「ドーン」と出る「屁」とは文字通り腸に響き渡ったでしょうねぇ~(爆)。
Commented by ckonkn at 2012-10-03 10:22
tanuki_oyajiさん こんにちは
oyajiさんのように高等なテクは使えませんから適当に撮っていただけですよ。
最後の三尺玉2発、二尺玉同時打ち、尺玉300連発はド迫力でしたよ。
耳を澄ませてようやく聞えるぐらいとは随分と遠い所ですね、
虫の鳴き声と花火の音の輪唱を楽しんだとは粋ですね(笑)。
Commented by ckonkn at 2012-10-03 10:26
赤いガーベラさん こんにちは
こちらこそお世話になりました。
4年ぶりに行ったので肝心の標準ズームレンズを車の中へ忘れ、打ち上げ始まってから取りに戻るやら、
3ウエー雲台用のカメラプレートやレリーズを忘れたり散々な目に遭いましたが、
会場で見る花火は圧巻、渡りの鳥が思うように撮れないストレスもすっ飛びました(笑)。
いくら満月直前でも間近の直径320m超と較べると負けてしまいますね(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 秋、十四夜の花火_その2      アオバト >>