2012年 09月 13日

大物狙いのヤマガラ

樹液を吸っていたアブラゼミをヤマガラが襲っていました
腹腔を掴まれて必死でもがくアブラゼミ、離すものかとヤマガラも必死
d0125872_1121323.jpg
d0125872_1254963.jpg

d0125872_1122791.jpg

d0125872_1124548.jpg

d0125872_1135651.jpg

d0125872_114517.jpg

この結末はアブラゼミが逃げ切りました
d0125872_119621.jpg
d0125872_119270.jpg

大物を逃したヤマガラ君、身の程に合った青虫を捕まえていました

by ckonkn | 2012-09-13 06:00 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by yamazaki-masao at 2012-09-13 06:40
彩の夢見人さん お早うございます。
これは又良いシーンにめぐり合いましたねぇ!
アブラゼミのもがく羽音が聞えて来るようで動画かと思っちゃいました(笑)。
今季は彼方此方でヤマガラが見られているようですね、
週末は私も頑張ってヤマガラ探しをして見ます。
Commented by koshizumi2 at 2012-09-13 10:44
彩の夢見人さん、こんにちは
連日の渡りの鳥さん攻撃にはおののかされます
これだけ種類が撮れれば通いつめるのもうなづけます
たまには、巨匠の静かな車で何処かへ連れて行って下さいな
Commented by tanuki_oyaji at 2012-09-13 21:05
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
あれ〜 ヤマガラってセミまで食っちゃうんですかぁ〜
エゴノキの実もそろそろ美味そうになってきたので、
もう少しすればいつもの公園でも撮れるようになるのでしょうかね。
Commented by ckonkn at 2012-09-13 21:53
ヤマザキさん こんばんは
ヤマガラが実に芸達者ですねぇ~!!
最初クモの糸にかかったのを襲っていると思って撮っていたのですが
PCで見てびっくり、片足でしっかり捕まえ、片足で枝を掴んでいました。
結構な時間頑張っていたのですが、結局逃がしてしまったなんて疲れたでしょうね(笑)。
Commented by ckonkn at 2012-09-13 21:57
越谷住人さん こんばんは
混群になっているので探すのに苦労しますね。
ヤマガラの学習能力に綾かって考えたのですが、
シジュウカラの混群の後からヒタキ類が一足遅れて出て来ますね。
今のところキビ、エゾ、コサメとこのパターンでした。
”何処かへ”って訳には...A専用車になってますから(笑)。
Commented by ckonkn at 2012-09-13 22:11
tanuki_oyajiさん こんばんは
夏場は昆虫類が主食みたいですよ。
ヤマガラもグルメなんですかね、旬のモノが良いのでしょうね(笑)。
Aに来てますからKやSにもきっと入っていますよ。
ところでエゴノキの実ってどんな味ですか、今度教えてください。
Commented by CHITOSE.NORI at 2012-09-13 22:17 x
夢見人さん こんばんは
本日の絵は迫力があって面白いです。「アブラゼミとヤマガラ」の真昼
の決闘、チット違うかな?
それにしてもお互いが必死、セミは捕まってたまるものかと必死に羽を
バタつかせ、ヤマガラは逃がしてなるものかと、右足で必死に捕まえて
仕留めと思ったが、獲物が大きすぎたのか逃げられてしまって残念!
よくもまァーこんな素晴らしいシーンが撮れたものです。
7枚目の「ヤマガラ」が口を開け、ゼイゼイいっているのが聞こえてきま
す。セミはしてやったりですね。「ヤマガラ」君も後、2・3日待てば労せ
ずして餌に出来たもの思います。
9月に入っても暑さでバテぎみの、クマ五郎です。
Commented by ckonkn at 2012-09-14 00:03
NORIさん こんばんは
良くもまあ、こんな拙い絵から状況描写が出来るもんですねぇ~!!
そっくりそのまま前コメに引用させて頂きたいくらいです。
羽化して6~7日の命ですからこのまま息絶えてなるものかと
アブラゼミの抵抗の羽音は凄まじかったですよ。
死にかけはどうですかね、ヤマガラにもプライドが有るのでは(笑)。
そう言えば中国雲南省では「弱って落ちたセミを拾い集め茹でて羽根を取り、
蒸してからすり潰して、セミ味噌を作って食用にする」、あるいは
「翅と脚をとり火で炙った腹腔が美味」って話しを聞いたことが有ります。
生はどうなんでしょうね、夏バテ対策に試してみては...(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 渡り第四弾_オオルリ      渡り第三弾_エゾビタキ >>