彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 18日

ヒバリの春

日曜日の午前中が花撮り修業で終わったしまったので久し振りのA公園の森へ寄り道しようと向かったのですが
土手まで行ってサクラにつかまってしまいました
d0125872_0273918.jpg

タンポポの中で餌探しのヒバリを撮ることに...
d0125872_0245895.jpg

d0125872_0251394.jpg

d0125872_0251766.jpg

d0125872_0255954.jpg

d0125872_0261242.jpg

d0125872_0265271.jpg

猫が言ってました
 「ヒバリと言えば空に上がってピーチクパーチク囀る姿を撮らなきゃ」
d0125872_035573.jpg

大きなお世話です(涙)

by ckonkn | 2012-04-18 06:30 | 野鳥 | Comments(12)
Commented by koshizumi2 at 2012-04-18 06:52
彩の夢見人さん、おはようございます
傷心の帰り道、立派な桜に捕まってしまったんですね
こちらのは終わってしまいましたが、土手はまだまだ満開のようですね
ヒバリを至近距離で撮れるなんて、まだまだ鳥運から見放されてないようですね
週末は何とか青い鳥に.........
Commented by auroreus at 2012-04-18 11:43
彩の夢見人さん こんにちは
雲雀ですか~~~、
巨匠がこんな地味な鳥をよく撮りましたね~ タンポポ絡みに惹かれたのでしょうか。
心なしか猫の目付きがキツイようですが…いたずらでも?(笑)
Commented by gounai at 2012-04-18 16:55 x
こんにちは。

コメント有難う御座います。
今日、公園で名人と会い探鳥をしましたが、残念な事に青い子や黄色い子に会う事は出来ませんでした。

急なコマドリ情報で見に行って来ました、しかし現場は暗くSSがあがらず、ブレブレの写真を沢山持ち帰り、ゴミ箱行きが大半でした。
皆さんの様な良いカメラならと思いましたが手が出ませんです。

ヒバリさん良い所で綺麗に撮られてて良いですね、ニャンコの睨みが気になります(笑)。
Commented by ckonkn at 2012-04-18 20:04
越谷住人さん こんばんは
あの時間に帰ってゴイサギだけでは余りにも悲し過ぎるので寄り道をしてしまいました。
傷心を癒すにはやはり桜の花が一番ですね。ところが土手からではつまらない枝振りだったので
田んぼの畦道に下りたらヒバリが居たんですね。しかもタンポポ絡み...
ヒバリで「鳥運」ですか、擦り傷に塩水をかけられた気分です(笑)。
Commented by ckonkn at 2012-04-18 20:08
クロジーさん こんばんは
午前中の研究会でタンポポを題材としてましたので
ヒバリでもタンポポに絡めば撮ってしまいますよ(笑)。
この猫は本当は草むらからヒバリを狙っていたようです。
邪魔をされたのが気に入らなかったようで、険しい眼で睨んでいました。
決して某お方が為さる様な「皮に」などとは考えませんでしたよ(笑)。
Commented by ckonkn at 2012-04-18 20:14
gounaiさん こんばんは
今日も入らなかったですか
やっぱり、6日に撮り過ぎた鬼のようなお二人が出張っていたら出ずらかったのでしょうね。
青い子や黄色い子も公平に撮って貰いたいんでしょうね(笑)。
オレンジ情報とは羨ましい、Yさんが聞いたら卒倒するかもしれないので内緒のほうが良いですよ(笑)。
この猫は土手の草叢に下りたヒバリを追い出してくれるお利口さんだったんですよ。
それを邪険にしたもんですから睨まれてしまいました(笑)。
Commented by CHITOSE.NORI at 2012-04-18 20:32 x
夢見人さん こんばんは
本日はブログに入るつもりは無かったのですが、夢見人さんの想いの
鳥さんが来てくれないので、悲痛な叫びと滂沱の涙が瞼に浮かびつつ
「これは、どぎゃんせんと、いかん!」と思いまして、思いの丈を歌にして
みました。
      「青い鳥 早く来たれと 叫べども 切な心に 春雲雀啼く」
どうですか? 少しは心が癒えたでしょうか。
そうですか、こんな下手な歌ではダメかァー・・・・・・・。
こころ優しき、謎の狂歌人「穴の中の熊人」より。
Commented by ten-zaru at 2012-04-18 22:06
彩の夢見人さん、今晩は。
あらら、花撮影に没頭していたと思えば
瞬時に方向転換しヒバリに迫る。
誰もが追随できない早業にただ驚くばかりです。
タンポポの中のヒバリは素晴らしいですね。
Commented by tanuki_oyaji at 2012-04-18 22:59
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
何処に行っても何かしら撮って来られるんですね〜
夏の北国のヒバリが恋しくて待ちきれなかったのでしょうか。
タンポポ絡みじゃその気になるのもわかるんですが。。。
Commented by ckonkn at 2012-04-18 23:28
NORIさん こんばんは
う~む~ これは凄い!!
とんだ失礼をしました。和歌を”凄い”なんて言葉で褒めるなんていけませんね。
この方面はまったく疎いもんですから適切な言葉が想い浮かびません。
どの方面なら疎くないのかとの突っ込みはしないでくださいね、探すのに苦労しちゃいますから。
寝て起きて食ってまた寝る、ただそれだけなんですよねぇ。
鳥達の方が余程懸命に生きていそうです(笑)。
Commented by ckonkn at 2012-04-18 23:32
ten-zaruさん こんばんは
最近花も鳥も夢見人の前にあるもの居るものを撮っているだけですから
方向転換は車に乗っている時だけなんですよね(笑)。
わざわざ土手に行ってヒバリを撮るカメラマンって居ないんですね
のどかな土手を堪能してしまいました。
Commented by ckonkn at 2012-04-18 23:37
tanuki_oyajiさん こんばんは
そんなことは無いですよ。行き当たりばったりで気が向いたら撮ってるだけですよ。
ヒバリを撮りにわざわざ北の国へですか、真っ赤なベニならまだしもヒバリではねぇ~。
まあ、土手にはタンポポしか咲いていず、鳥もヒバリしか居なかったということなのです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 北の地の思い出      こんな枝に... >>