2012年 04月 10日

日曜日の花見

2日連続で花見に行ってしまったのでメジロの絵が貯まり過ぎました
d0125872_23551084.jpg

d0125872_2356238.jpg

d0125872_2356858.jpg

d0125872_23563492.jpg

d0125872_23571275.jpg

d0125872_23582100.jpg
d0125872_022375.jpg

d0125872_023242.jpg

d0125872_024811.jpg

シダレも綺麗に咲いていました
d0125872_035278.jpg
d0125872_035798.jpg


by ckonkn | 2012-04-10 23:54 | 野鳥 | Comments(10)
Commented by yamazaki-masao at 2012-04-11 06:02
彩の夢見人さん お早うございます。
二番目のメジロに拍手です。
花屋さんのテクニック、前ボケ、後ボケ、を見事に駆使した素晴しい鳥写真です(脱帽)。
それにしても忙しく飛び回るメジロを良くこんな素晴しい構図で撮らえた物です.......(絶賛)。
Commented by koshizumi2 at 2012-04-11 06:24
彩の夢見人さん、おはようございます
2日間にわたるメジロとのふれあいお疲れ様です
これだけの傑作を物に出来れば、来た甲斐もあった事でしょう
季節限定でしか撮れないので、目的の子が居なくても充分過ぎる成果じゃないですか
目的の子は今度の金曜日あたりにまたチャンスがありますよ(笑)
Commented by 健康法師 at 2012-04-11 08:02 x
サクラの色もよくて、メジロが映えますね。温かみを感じさせるいい絵ですね。
Commented by ckonkn at 2012-04-11 17:34
ヤマザキさん こんばんは
いやいや、構図も何も考えてる余裕はまったく有りませんでしたよ。
メジロが勝手に動き回ってくれたのでたまたま撮れただけですから。
前ボケ、後ボケだけでなく中ボケも沢山有りましたよ(笑)。
Commented by ckonkn at 2012-04-11 17:41
越谷住人さん こんばんは
「メジロとのふれあい」とは何とも美しいお言葉、
早々とオオルリを堪能なさると出てくる言葉にも余裕を感じますねぇ~(笑)。
でも後がいけませんよ、「目的の子が居なくても充分過ぎる成果」と言われてしまうと
名人の冷酷さをひしひしと感じてしまいます(笑)。
金曜日は静養日でしょう、今日強い南風が吹いて3日目が狙い目だと思いますけどね...
Commented by ckonkn at 2012-04-11 17:45
健康法師さん こんばんは
花より団子、ならぬ”花より小鳥”でサクラの種類はからっきし分かりません。
ほかのソメイヨシノやシダレザクラよりも花の蜜が多いようで、ヒヨの縄張りになっているのですが
隙を狙ってメジロ達が盛んにやって来てくれました。
気の早い夏鳥が入って来始めましたねぇ~、今週末もまた青い子のサクラ止まりを狙ってみます(笑)。
Commented by CHITOSE.NORI at 2012-04-11 20:49 x
夢見人さん こんばんは
今日はまた、桜とメジロで素晴らしく綺麗な絵です。どの様にコメントを
したら良いのか迷ってしまいます。表現方法が浮かんで来ないので、
また歌にします。桜とメジロを入れて未完成ながら捻り出しましたよ。
謎の三流いや五流歌人ですが、夢見人さんに伝わってもらいたいです。
「春心 メジロ覗けし 八重桜 枝もたわわに 飛花の風吹く」即興なの
で上手く出来ません。桜は「八重桜」ではないだろうしね。
「飛花」は舞い散る花びらのことです。私は1枚目の絵が好きですよ。
9枚目の背面写りも面白いですね。(春を早く、こっちに寄こせ・・・!)
現在の千歳の気候を感じ取って下さい。
「吹く風も 春の香りと 福寿草 名残惜しそに 手の平の雪」
謎の歌人 穴の中の熊人  この歌、本人のお気に入りです。

Commented by auroreus at 2012-04-11 21:11
彩の夢見人さん こんばんは
こんなに沢山のサクラメジロを撮ってたんですか~~、
どれも素晴らしい絵ですね、
私は4枚目の構図がすきです。
Commented by ckonkn at 2012-04-12 00:26
NORIさん こんばんは

春心 メジロ覗けし 八重桜 枝もたわわに 飛花の風吹く
吹く風も 春の香りと 福寿草 名残惜しそに 手の平の雪

いやいや、このような秀歌をご披露頂けるとは身に余る光栄
この週末にはこの二首に見合うような絵を是非とも撮らねばと思うと...
しかし何処にこのような文才が詰まっているのか...
「穴の中の熊人」も素晴らしい歌号(?)ではないですか
ただのヤナギ守りでは無かったのですねぇ~。
Commented by ckonkn at 2012-04-12 00:33
クロジーさん こんばんは
2,30分間隔でやって来てましたから、半日も撮ってるとかなりの枚数になりました(笑)。
もっと枝振りの良いところにと撮ってる内に何時の間にかお昼前に...
メジロもこんなに頻繁に蜜を舐めにきて良くも飽きないもんですね。
きっとメジロも「ズーッと同じところに立っていて良く飽きないもんだ」と言っていたのでは(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 北の地の春もあと一月      春風に流れる... >>