彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 03日

オナガと

林の陰にひっそりと咲いていたヒヤシンス
d0125872_23431934.jpg

先々週くらいからオナガが来てくれるようになりました
 左右逆に止まってくれれば良かったのですが、オナガにも都合が有ったようです
d0125872_23405572.jpg

d0125872_23413216.jpg

d0125872_23414033.jpg

d0125872_23421484.jpg

d0125872_2342277.jpg

先々週の雨の中の枝止まり
d0125872_23425731.jpg

ハナニラの一輪咲きを
d0125872_23432434.jpg


by ckonkn | 2012-04-03 23:52 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by koshizumi2 at 2012-04-03 23:57
彩の夢見人さん、こんばんは
西日本の鳥屋さんが喜ぶオナガじゃないですか
私も大好きな鳥ですが、目を出すのが難しい鳥ですよね
花も入れてくるブログ構成も馴染んできましたね
Commented by auroreus at 2012-04-04 08:26
彩の夢見人さん おはようございます
オナガはとっても綺麗な鳥なんですが・・・、
私の家の近くにも2~3の群れが居るのですが電柱止まりばっかりでどうにも・・・。
こんな枝止まりなら撮ってみたいのですが近くの神社にも来ません。
ヒヤシンスは昔理科の時間に「水栽培」ってのをやった記憶があります、
その理科の先生は物知りで「ヒアシンスの語源はギリシャ神話だよ」って言ってたのを微かに覚えています。
Commented by ckonkn at 2012-04-04 18:11
越谷住人さん こんばんは
冬場にここに行くようになってから先々週の雨の日に初めて見たような気がします。
湿地の枝に止まったかと思うと直ぐに屋敷林に入ってしまうのでなかなか撮らせてくれませんね。
Y御大の物まねですよ、あちらはれっきとし芸術の域、こちらは苦し紛れに並べただけです。
今週末はあそこの桜も見頃、「桜にオナガ」なんてのも一興ですね。
Commented by ckonkn at 2012-04-04 18:18
クロジーさん こんばんは
結構警戒心が強いですよね、レンズを向けると直ぐに飛んでしまいます。
そのくせ電線ではマッタリですから、流石にカラスの仲間ですね。
捨てられた球根からひっそりと一輪だけ花を咲かせていたのをYさんが見つけご相伴に預かりました。
「理科の時間に水栽培」、いやー懐かしいですねぇ~
小学生に「美青年ヒュアキントス」の話をですか...随分進歩的な先生だったんですね。
今時ではPTAのママゴンが大騒ぎするでしょうねぇ(笑)。
それにしても流れた血から花が咲きヒヤシンスの名がついたとは、物悲しい花なんですね。
Commented by ten-zaru at 2012-04-04 21:46
彩の夢見人さん、今晩は。
トップのヒヤシンスを見たときには、ドキッとしました。
何て美しく撮影されているんだろうと。
最近は所々に季節の花や植物を散りばめているので、
おおいに参考になります。
雨に濡れたオナガ、作品としては良いですね。
Commented by ckonkn at 2012-04-04 23:01
ten-zaruさん こんばんは
出ないベニを待ちながらつれづれに撮ったものですから...
この程度の花を見てドキッとなさったなんて、こちらがヒヤッとシンス。
お粗末なものばかりですから花で誤魔化すしかないんですよ。
柳の枝の新芽でも出ていれば良かったのですが、オナガも気まぐれで...
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ウミアイサと北の碧い海      春告鳥とアリスイと >>