2012年 03月 21日

道東巡り_流氷のワシ達

国後島に登る朝日に飛ぶワシ達を狙い5時15分の流氷船に乗ったのですが
この日は生憎の曇天、6時過ぎに雲の間から朝日だけは見ることが出来ました
d0125872_022396.jpg

d0125872_023374.jpg

d0125872_02364.jpg

d0125872_02476.jpg

d0125872_025196.jpg

d0125872_031841.jpg

d0125872_032121.jpg


by ckonkn | 2012-03-21 23:53 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by yamazaki-masao at 2012-03-22 05:58
彩の夢見人さん お早うございます。
流氷の向こうに上る朝日、素敵です。北の海って感じが出ています。
10年ほど前ですが、標津の港から国後島を眺めた事が有りました。
あまりの近さに感慨深い物が有ったのを思い出します。
その国後島をブログで見せて頂けると、楽しみにしていたのですが、
あいにくの雲に隠れていて、撮影者の夢見人さんと同様、私も残念です、見たかった!
Commented by koshizumi2 at 2012-03-22 07:13
彩の夢見人さん、おはようございます
朝日と猛禽の組み合わせとは素晴らしいシーンに巡り会えたみたいですね
この時間帯じゃ相当寒かったと思いますが、これだけの物が撮れれば寒さも忘れちゃいますよね
それにしても、掃いて捨てるほどいるオオワシには驚かされます
Commented by ckonkn at 2012-03-22 17:43
ヤマザキさん こんばんは
この時期道東は晴天の日が多いようですが運悪く曇天に当たってしまいました。
25から30km先は国後ですからね、流氷の上を早足で歩けば日帰りできますね(笑)。
オオワシも11月頃には知床半島を経由して国後、択捉へ一旦渡るようで、
ウトロ海岸で一日に400羽のオオワシの成鳥が通過したとの調査記録が有るようです。
厳冬期でも羅臼、風連湖から国後・択捉間を行き来しているようですね。
晴天でも流氷が港の中まで入り込み船が出られない、船が出ても曇天...
国後から上る朝日を背景にしたワシ達に出会えるのは運が要りますねぇ~。
Commented by ckonkn at 2012-03-22 17:50
越谷住人さん こんばんは
願わくば青空に朝日、蒼い流氷の上のワシ達が見られれば良かったのですが
前日から天気は下り坂、暗い朝日を垣間見ただけでした。
氷点下だったのは間違いなかったですが、-20度は超えて無かったようです。
これだけのワシ達を見てれば熱気が伝わって来て寒さを感じてる暇は無かったですよ(笑)。
これもお山の湖岸通いに同行させて頂き、寒さに慣れたこともあるのでしょうね。
ただ単に鈍感なだけだったりして(笑)。
Commented by tanuki_oyaji at 2012-03-22 22:39
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
いやぁ〜 厳冬地のこの時間じゃ半端な寒さじゃなさそうですね。
曇天とはいえ綺麗な朝日が見られるなんて何処まで運が良いんでしょう。。。
朝日の中でたくさんのオオワシが見られるなんて凄いです。
Commented by ckonkn at 2012-03-22 23:45
tanuki_oyajiさん こんばんは
いやいや、この程度で寒いの何の言ってたらワシ達に笑われますよ。
明るくなるまでキャビンに入っていれば極楽極楽、ヌクヌクでしたよ(笑)。
朝日が出だしたので慌てて外に、後はすっかり忘れてました。
宿に帰ってからの朝食の美味かったことからすれば、身体は冷え切っていたのでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 道東巡り_流氷のワシ達Ⅱ      道東巡り_港の海カモ達Ⅲ >>