彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 16日

道東巡り_港のカモ達

厳冬の時期道東の海は流氷に覆われます
カモ達は氷の隙間を求めて港の中に集まります
嘴が無かったら子犬の縫いぐるみが泳いでいるようなコオリガモに出会えました
d0125872_23284126.jpg

d0125872_23285129.jpg

d0125872_23291081.jpg

d0125872_23292068.jpg

d0125872_23292712.jpg

d0125872_23293275.jpg


by ckonkn | 2012-03-16 23:38 | 野鳥 | Comments(12)
Commented by Pin-BOKE at 2012-03-17 00:14 x
おっ、ここまで寄って撮影できたのですね。流石です!
私の撮ったコオリガモは、証拠写真程度のできで、とてもアップできる代物ではありませんでした(^^ゞ
それにしても、やっぱりかわいいですね。^^
Commented by Satou at 2012-03-17 16:17 x
コオリガモいつか私も見てみたい海鴨です。
さすがに鮮明な画像です。
色の感じが、本当に犬みたいですね。
Commented by yamazaki-masao at 2012-03-17 16:56
彩の夢見人さん こんにちは
こんな鴨が居るんですか!驚きです。
まるでアニメの世界から抜け出て来たかのようです。
私も見てみた~い(願)。
Commented by tanuki_oyaji at 2012-03-17 19:51
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
色んなカモが居るものですね。
こういう柄のカモを見るのは初めてですよ。
嘴の中央部がピンク色も目立って可愛いですね。
Commented by koshizumi2 at 2012-03-17 20:02
彩の夢見人さん、こんばんは
またまた変わった鳥を撮ってきましたね
コオリガモの名前は知ってましたけど、特に検索した事はありませんでした
面白い顔をしてるカモですが、これだけ目立つ色合いで猛禽に襲われる事はないんですかね
Commented by ten-zaru at 2012-03-17 21:30
彩の夢見人さん、今晩は。
コオリガモ、初めて見ました。
嘴のピンクなんてお洒落ですね~。
カメラにとり付ける縫いぐるみとして配ってください。
Commented by ckonkn at 2012-03-17 23:34
pin-BOKEさん こんばんは
こんな可愛い姿は大きく撮りたかったのでラッキーでした。
これも証拠写真程度ですよ、白い羽の質感がまったく駄目です。
これよりマシでしょうからどんどん出してください。
Commented by ckonkn at 2012-03-17 23:39
Satouさん こんばんは
行くまでは全く興味無かったのですが、この姿を見たら...
次回ユキホオジロかコオリガモかと聞かれたらコオリガモでしょうね。
シマフクロウかコオリガモかと聞かれてもコオリガモを選ぶでしょうね(笑)。
Commented by ckonkn at 2012-03-17 23:47
ヤマザキさん こんばんは
道東巡りで何が一番だったかと聞かれたらコオリガモと言いたいです。
見るまでは完全に無視してましたが...
ファインダーから除いたこの子はそれはそれは可愛かったです。
Commented by ckonkn at 2012-03-17 23:50
tanuki_oyajiさん こんばんは
これではまったく嘴を付けた子犬見たいですよね。
一度見て虜になりました。
次回はこの子がメインでも良いかな(笑)。
Commented by ckonkn at 2012-03-17 23:53
越谷住人さん こんばんは
ここに行くまでは写真も見たも無し、どんな鴨か知りもしませんでした。
だぶんS公園に入ったと聞いても完全無視したでしょうね(笑)。
今は違いますよ、前の日から行って夜が明けるのを待ってますよ。
流石猛禽屋さんですね、絶えず猛禽目線ですね(笑)。
青い海面では目立つでしょうね、でもこの子達はイザの時は水に潜れますからね。
Commented by ckonkn at 2012-03-17 23:57
ten-zaruさん こんばんは
この子の縫いぐるみを作って売りたいくらいですよ(笑)。
1個千円くらいで30個くらいどうですか...
でもカメラに付けるのだけは止めたください、似合わないと思いますよ(笑)。
オジさんはシンプルに某oyajiさんのような名札が良いかと...
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 道東巡り_港の海カモ達Ⅱ      道東巡り_厳冬の風連湖Ⅳ >>