2012年 01月 22日

荒磯のコクガン_続編

1m以上の波の打ち寄せる磯でした
風も強くレンズが煽られます
d0125872_2114012.jpg

d0125872_2115012.jpg

d0125872_2121878.jpg

d0125872_2123469.jpg

d0125872_2125970.jpg

d0125872_213130.jpg

d0125872_2131513.jpg

d0125872_2133116.jpg


by ckonkn | 2012-01-22 21:24 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by tanuki_oyaji at 2012-01-22 21:49
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
わっ、こんな素晴らしい続編があるとは意外でした。
飛び散る波しぶきに臨場感迫る作品ですね。
波に立ち向かうコクガンの姿が逞しいです。
レンズは煽られても微動だにしなかった巨匠の姿が目に浮びます。
Commented by koshizumi2 at 2012-01-23 12:17
彩の夢見人さん、こんにちは
こんな荒波にも負けずにいられるなんてコクガンって根性あるんですね
人間だったらひとたまりもないでしょうね
そこまでして得る物って何なんでしょう
Commented by ckonkn at 2012-01-23 17:50
tanuki_oyajiさん こんばんは
前向きでスクッと立った姿を狙っていたのですが、何故か後ろ姿ばかりでした。
まあ、前から波がドブンと来たら浚われそうでしたからねぇ~、しっかり見てないと...。
これを磯に降りて目線で撮れたら迫力が有ったのでしょうが、降りる階段が有りませんでした。
か細い身体を飛ばされない様、微動だにしなかった防波堤に必死でしがみ付いていましたよ(笑)。
Commented by ckonkn at 2012-01-23 17:58
越谷住人さん こんばんは
荒波に千切られて打ち寄せられる海草や海藻を啄ばむにはこんな岩場が絶好なのでしょうね。
もっとも三番瀬まで南下してしまう軟弱者も時々居るようですが(笑)。
こんな磯の岩場でコクガンと並んでおばさんが岩ノリを採っていましたが、過酷ですね。
防波堤の上からでも近付くと逃げて行きますが、同じ格好していると仲間だと思うのでしょうか。
名人も新アイテム-52度の長靴履いて岩ノリ採りをどうですか、クマと間違えられるかな(爆)。
Commented by auroreus at 2012-01-23 18:02
彩の夢見人さん こんばんは
いや~~波飛沫に負けずに凛と立ってる姿は素晴らしいですね、
流石の北の鳥・・・根性が据わってます。
これを撮った巨匠の根性も素晴らしいです、
根性無しの私はレンズに海水飛沫が着くのをおそれて撮影を断念したでしょう。
ニシツノメドリは駄目なようなのでカンムリウミスズメでお願いします。
Commented by ckonkn at 2012-01-23 20:30
クロジーさん こんばんは
撮った場所は海面からは10m位有る国道脇の防波堤でしたから
幸いにも飛沫は飛んでは来ませんでしたが、寒風に地面の雪が容赦なく飛んできました(笑)。
カンムリウミスズメも絶滅危惧II類ではないですか、難物ばかりが出て来ますねぇ~。
枇榔島まで行ってきますか、海岸から7kの太平洋からの荒波と黒潮の流れに曝され続けた
絶壁の島のようですが、往きは良い良い帰りは...になりそうですねぇ~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 洞から顔だけ出したエゾフクロウ      荒磯のコクガン >>