彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 05日

去年の在庫より

こんな氷の景観も有りました
d0125872_23502734.jpg

この冬はキバシリが多いと行きつけのブログに出ていたので
d0125872_23511458.jpg

d0125872_23515126.jpg

これも面白い!
d0125872_23524272.jpg

氷の水辺のイカルチドリ
d0125872_23561943.jpg
 
d0125872_2356340.jpg

こんな形も
d0125872_2353683.jpg

今週末は雪の景観が撮れそうです

by ckonkn | 2012-01-05 23:47 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by koshizumi2 at 2012-01-06 07:23
彩の夢見人さん、おはようございます
もはや、あの地の氷の造形美を撮らせたら巨匠の右に出る者はいないでしょう
大型猛禽はトビだけが愛想が良さそうなので、今後も芸術写真をメインに頑張って下さいね(笑)
小鳥は私に任せてもらえば大丈夫です
Commented by auroreus at 2012-01-06 08:07 x
彩の夢見人さん おはようござます
う~~~~ん 氷の造形で鳥をサンドイッチしてきましたか~~、
まさか2羽とも本当にサンドイッチにしてお持ち帰ったんじゃないでしょうね(笑)。
氷の絵は質感を出すのが難しくって諦めています、
私が撮るとなんかノッペリした感じになるんですよ・・・巨匠は上手く陰影を捉えていますね。
緑苔と氷の暖冷対比もなかなか面白い着眼です。
Commented by ckonkn at 2012-01-06 17:37
越谷住人さん こんばんは
確かに「右に出る者はいない」ですね。
この時もは右はおろか左にも前後にも誰も居なかったですね。
今回の氷には怨念がタップリと籠っていますよ、この時オジロが飛んでいたようですからね(笑)。
トビだけが愛想が良いということは願ったりではないですか、オオワシを2度の呼んでくれましたからね。
もしかして前回油揚げを持って行かなかったでしょう、ファミマの稲荷ずしは必需品ですよ(笑)。
Commented by ckonkn at 2012-01-06 17:42
クロジーさん こんばんは
氷だけでは怨念が強すぎて某お方に危害が加わるといけないので鳥を挟んでみました(笑)。
実はこの氷をあれやこれや設定を変えながら撮っていた時に一人オジロワシを堪能なさってた方が...
ご親切にも電話を頂いたのですが、時既に遅し、モニターを見ながらほくそ笑んでいたんですよねぇ~
「緑苔と氷の暖冷対比」とは上手い表現ですね!! 流石支配人です!!
Commented by ten-zaru at 2012-01-06 21:56
彩の夢見人さん、今晩は。
どうやら氷の芸術家に転身されたんですね。
氷の世界もいいもんですね~。
おっ、イカルチドリがいましたか、実物を見ていないんです。
羨ましいな~。
Commented by ckonkn at 2012-01-06 23:16
ten-zaruさん こんばんは
こんな氷は地元では撮れないですからね。
自然が作った形は色々面白い物が有りますので
探してみるのも一興ですよ。
ご一緒した時は居なかったですね、
これからこの子を撮るのも面白いですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< タゲリとチュウヒ      ミコアイサ_その2 >>