2011年 09月 07日

大雪ノゴマ

思い出は草原から大雪山系旭岳へ移ります
まだこんなハイマツノゴマが残って、いやいや残して有りました
d0125872_0292667.jpg

d0125872_029302.jpg

d0125872_0295753.jpg

d0125872_0302261.jpg

d0125872_0302539.jpg

d0125872_0303983.jpg

6時36分、ハイマツに朝露がついて朝日に輝いていたのですがヘボな腕では写し込めません

by ckonkn | 2011-09-07 23:55 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by koshizumi2 at 2011-09-08 06:23
彩の夢見人さん、おはようございます
いやぁ、また見事なハイマツ乗りのノゴマが出てきましたねぇ
思い出シリーズは大雪山に移行したようですし、これかが楽しみになってきました
朽ち果てた倒木乗りのノゴマよりはつらつとした感じが良いですね
Commented by yamazaki-masao at 2011-09-08 06:29
お早うございます、
朝から素敵な絵を見せて頂き、気分が良くなりました、有難う御座います。
特に3~4枚目はもう何も言う事が有りません、素晴しいです。
今回の北の大地での記録は、夢見人さんにとって大きな宝物になりましたね(祝)。
Commented by auroreus at 2011-09-08 08:30
彩の夢見人さん おはようございます
いやいや 北の大地ネタは無尽蔵ですね~~~、
わざとネタを温存してたあたりは「流石にブログ巧者」と感服しております。
やはり冬場の河川敷とちがって営巣地では溌剌としてますね、
これも私は死ぬまで撮れないでしょうからこのブログでお楽しみです。
Commented by ckonkn at 2011-09-08 19:57
越谷住人さん こんばんは
背景がグリーンに抜けたものが2度目にして撮れました。
誰も居ない展望台でカメラをセットし始めた途端に近くで囀りが聞こえ、
三脚を延ばす間も無く撮ったのですが、偶然とはいえ、結果的にローアングルが幸いしたようです。
展望台からは止まるところがほとんどが目線下、滅多にこのようなノゴマ目線のチャンスは有りません。
その後この手で待ってはみたのですが2度目の奇跡は起こりませんでした(笑)。
Commented by ckonkn at 2011-09-08 20:02
ヤマザキさん こんばんは
大きな宝物、まさにその通りかも知れませんね。
たった5日間で一月以上も北の大地シリーズを組めたので、質はともかく大収穫でした。
旭岳は6時半過ぎがラッキータイム、最初はギンザンマシコを初撮り、2度目はこの絵、
で3度目をなんて欲を出すときっと玉砕が待っているのでしょうね。
でもこんな構図のホシガラス用の宝物入れがまだ空いているんですよね(笑)。
Commented by ckonkn at 2011-09-08 20:11
クロジーさん こんばんは
展望台からは見下ろしばかりでどうしても背景がハイマツだらけになってしまいます。
この絵は言わば念願の構図、ノゴマ自体の写りは腕のせいで如何ともし難いですが
雰囲気が気に入って温存してしまいました(笑)。もう2度と撮れないでしょうね。
死んでからでは遅いので帰省する前に寄り道なさったらどうですか、DOバリュー60で(笑)。
Commented by tanuki_oyaji at 2011-09-08 22:39
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
またまたハイマツ乗りの見事なノゴマがぁ〜
こんなに美しいのが残っているとは底の見えない大樽が隠されていたんですねぇ。
もしかしたら○ポロビールの工場から大樽1つが行方不明になっているんじゃありませんか。
それに何やら見下ろしものにご不満があるようですがとても許されるものではないですよ。
Commented by ckonkn at 2011-09-09 00:03
tanuki_oyajiさん こんばんは
夢見人の樽は極々ささやかなものですよ、
oyajiさんのようにシャッターを壊す程の枚数は撮れませんから(笑)。
詰め込もうとしてもノゴマ1羽がやっとですよ(涙)。
残念ながら夢見人は〇サヒ派なんですよね、○ポロ派は確か名人だったような...
それに樽だけは有り余るほど持ってますよ、腹にまで付けてますから(笑)。
1度目線物を撮ってしまうと贅沢になってしまうんですよ(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 大雪ノゴマ      ノビと野草_その2 >>