2011年 08月 16日

北の大地の草原にて_マキノセンニュウ

草叢の中で”ちりりりりりり”の鳴き声、しばらく待っていると何と足元をチョロチョロ、
道路を横切って園路を仕切る丸太に乗って囀り始めました。何だか分からずにとりあえずシャッターを
するとシャッター音に反応してか丸太の上をだんだん近づいてきます。
下がっては近づかれ、また下がって撮るの連続で1時間近く遊んで貰いました。
ミソサザイより一回り小さいように見えたのですが、図鑑によれば全長12cmあるとのこと。
d0125872_16404170.jpg
d0125872_1641213.jpg
d0125872_16414676.jpg

 

 

 

by ckonkn | 2011-08-16 17:43 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by moriphoto at 2011-08-16 20:50
ckonknさん、こんばんは!
ギンザンマシコをはじめ夏鳥撮り尽くしですね(^.^)/
マキノセンニュウはじめて目にしますが珍鳥でしょうか?

そんなckonkn さんとは対照的に私は昨日ダメもとで
アカショウビンに行ってきましたが、やっぱりダメでした(-_-;)
Commented by ckonkn at 2011-08-17 00:22
森さん こんばんは
「夏季はユーラシア大陸北東部や日本(主に北海道)で繁殖し、冬季は東南アジアで越冬する」ようですね。
渡りの途中で通りかかるようですから運良ければ出会える可能性は有りますね。
「珍鳥撮りの血」が騒ぎ始めましたか(笑)。
アカショウビンですか、今年は行く機会が有りませんでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 北の大地の草原にて_オオジュリン      夏のベニマシコ >>