2011年 07月 13日

北の大地編_その7

《最終日 7月3日_霧も消えて》
朝出ていた霧もすっかり消え夏の日差しにエゾスカシユリの花が映えます
d0125872_0304726.jpg
d0125872_0324943.jpg

d0125872_0313658.jpg

d0125872_0313930.jpg

園路の支柱ではヒバリがうるさい程囀っていました
こんな近くで撮れるとはラッキーでした
d0125872_0483293.jpg
d0125872_0483568.jpg

d0125872_0444438.jpg

d0125872_0485282.jpg

d0125872_0492476.jpg

d0125872_0493139.jpg

これは前日に撮ったものです
d0125872_0552297.jpg


いったい狙いのベニは何処に...
情報を仕入れようにもカメラマンが見当たりません
駐車場に着いた時に大砲を担いだ人を2,3人見かけたのに何処へ
どうも諦めるしかなさそうです
 







by ckonkn | 2011-07-13 23:52 | 野鳥 | Comments(5)
Commented by koruri_9638 at 2011-07-14 08:47
彩の夢見人さん おはようございます
冠羽を起てたヒバリ…背景も綺麗にぼけて綺麗です、
これくらいの近くまで近寄らせてもらえるなんて羨ましい限りです。
お目当ての鳥さんはダメだったようですね、
リベンジを画策中なのではありませんか(笑)。
Commented by koshizumi2 at 2011-07-14 12:16
彩の夢見人さん、こんにちは
いよいよ巨匠も花屋さんに転進ですか
ここはひとつoyajiさんにレクチャーしてもらい勉強しながら花屋さんになりましょう
某高原のユリ祭りもそろそ始まることですし、貸し別荘でも借りてユリ三昧といきましょうか(笑)
ヒバリの杭どまりもなかなかなもんですよ
Commented by ckonkn at 2011-07-15 01:02
クロジーさん こんばんは
ヒバリは数年前に某休耕田で畑に下りていたのを撮った以来でしたが
こんな支柱乗りを、しかもこんな近くは初めてでした。
結構カメラマンが来ていると思ったら見かけたのは数人、
何処へ行っても独占状態、カメラマンが居ないんですよ、驚きでした。
目の数が複数以上に慣れ切ってしまうと探せないものですね(笑)。
リベンジですか、1億円当たらないかなぁ~(笑)。
Commented by ckonkn at 2011-07-15 01:10
越谷住人さん こんばんは
単にこの花に止まって欲しかったというだけで、今更「転進」する気など毛頭無いですよ。
「花屋」も「風景屋」もセンスが無く諦めたので今更勉強してもものにはならないと思いますよ。
ユリ三昧ですか、どうせならこの花をもう一度撮りに行きたいですね、
空き時間にヒバリも撮れますし...ベニも探さねば(笑)。
Commented by ckonkn at 2011-07-15 01:18
noriさん こんばんは
そちらは「蝦夷梅雨」に入ったのでしょうか、愚図ついてるようですね。
北海道に梅雨が無いと言われますが、本州と較べ時期がずれているだけなのですね。
リベンジのタイミングが難しくなってきました。
今夜は喉の奥がムズムズするような美辞麗句の数々、朝になってヒバリの囀りも
途切れ途切れになっていることでしょうね、(笑)。
本当に賑やかな囀りです、何時息をしているのか、
囀り過ぎて無呼吸でひっくり返るのではと心配になりますよ(笑)。
支柱の上でならまだしも空に上がってもこの調子で囀っているのですから
「腹が減ってたまらないでしょう」ね! でもダイエットとストレス解消には最高かな!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 北の大地編_その8      北の大地編_その6 >>