2011年 06月 26日

高原のルビタキ一家

森の中を歩いている時に盛んにルリが威嚇音を出していると思ったら
こんな子が近くにいました
初めて見る人間に怯え切っている様子でしたが飛び去ってくれたので一安心。
d0125872_23555095.jpg

お父さんのこの姿は威嚇なのでしょうか
d0125872_233246.jpg

d0125872_2332855.jpg

d0125872_23322738.jpg

お母さんは強し
d0125872_23332296.jpg

d0125872_23332758.jpg

d0125872_23334550.jpg

d0125872_2334832.jpg

今週の成果はこれが全てです
 

by ckonkn | 2011-06-26 23:52 | 野鳥 | Comments(10)
Commented by koruri_9638 at 2011-06-27 08:19
彩の夢見人さん おはようございます
あっりゃ~~見事な「家族愛」の組絵ですね~~、
お腹の脇毛を精一杯膨らませて威嚇するお父さんの勇姿は素晴らしい。
まさかお母さんは巨匠めがけて特攻攻撃して来たんじゃないでしょうね、
昔名人がヒガラの特攻攻撃に合いましたが…。
やはり巨匠に単独行動を許したのが私達の敗因でしょうか、
あっ!金曜からも単独行動かっ!(羨)。
Commented by koshizumi2 at 2011-06-27 18:05
夢見人さん、こんにちは
単独行動でこんな美味しいシーンを撮っていたなんて羨まし過ぎますよ
やはり場所を知り尽くしてる巨匠だけの事はありますね
こんな事なら泣いてすがってでも連れて行ってもらうんだったと後悔しております(涙)
こっちは霧が立ち込めた場所で憂鬱な一日を送るしかありませんでした
場所の選択ミスが致命傷になると言う一日でした
Commented by chitose.nori at 2011-06-27 20:25 x
夢見人さん こんばんは
何時もながら、淡い緑色の背景は素晴らしいですねェー・・・。
心にも目にも優しい色でいつもいつも癒されています。当然主人公の鳥達の撮影も良いに決まっていますが、背景が有って主人公が引き立つので活写とでも表現したら良いのでしょうか。
例の「セキレイ」の卵がかえって小さな声が聞こえます。近付くと時々親に威嚇される時があります。巣立つまで見守りますからご安心オ!
一つ教えて下さい。「ジョピンカッテ、シメロ」 「ジョピン、カッテ」と私には聞こえるのですが、姿も見えず声しか聞こえません。何と言う鳥なのでしょうか?  気になってしょうが有りません。ご助言をお願いします。
淡い緑の背景に目が潤んでいる、クマより
Commented by ten-zaru at 2011-06-27 21:46
夢見人さん、今晩は。
おお~っ、ルリの一家を撮影されていたんですか。
子供を必死に守るお父さんの姿に感動です。
Commented by ckonkn at 2011-06-27 22:33
クロジーさん こんばんは
新鮮なオレンジジュースを飲みたくて森の中に入った早々にお母さんのスクランブル、
もちろん往きはスルー、売店が見つからないまま帰りにまたもや即時退去命令を受ける始末(笑)。
大騒ぎされなかったらこの子にはまったく気付かなかったでしょうね。
クマの爪痕やシカの糞が残るケモノ道、ルリ一家も人間が入って来るとは思わなかったでしょうね。
現地でお会いしたヤマザキさんと一緒できたので入り込んだのですが、一人ではちょっと気が引けますね。携帯は圏外、ハイカーも通らない山の中、ここで斃れたらそれこそ2時間ドラマの題材ですよ(笑)。
いいえ、木曜日からです(デヘ~)。
Commented by ckonkn at 2011-06-27 22:40
越谷住人さん こんばんは
きっとこの他に何か撮っていると考えるのが極々普通ですよね。
ところがどんなに羨ましがられても、涙を流されてもこれが全てです、ハイ!!
オレンジ売りの声は聞いたのですが残念ながら品切れでしたよ(涙)。
今日こそはとしんどいお山の入口の駐車場に車を止めたまでは良かったのですが、
何故か悪魔の囁きが聞こえ楽なポイントを選んでしまったのが敗因だったかも知れません。
名人の霧のベールに包まれた枝乗り物は何時出てくるのでしょうね。
Commented by ckonkn at 2011-06-27 22:51
noriさん こんばんは
セキレイの卵が孵りましたかぁ~ 
もうすぐ雛達が腹を空かせて騒ぎ捲りますね、猫が近付かないよう注意してあげてください。
関東の1400m以上のお山は今が新緑の真っ盛り、腕がヘボでも背景が綺麗に仕上がります。

鳥のさえずりを人間の言葉に置き換えたものを「聞きなし」と言うのですが
「ジョピン カッテ」なる聞きなしが出てくるのがウグイス科の「エゾセンニュウ」
 大きさ:スズメより少し大きい。
 鳴き声:チョチョ、チョッピンカケタカと鳴く
 北海道の低地の低木林に飛来。さえずりは夕方や夜にさかん。常に薮の中にいる。
と図鑑にありますね。これだと思うのですが。
「花鳥茶屋」というHP(http://katyotyaya.web.fc2.com/link/yatyo/BirdSongs.html)
で鳴き声が聞けますよ。
Commented by ckonkn at 2011-06-27 22:54
ten-zaruさん こんばんは
この時期がルリ家の子育て真っ最中のようです。
冬のサービス精神溢れるルリ君にもこんな一面が有るんですね。
孵った雛全部が順調に育って欲しいです。
Commented by tanuki_oyaji at 2011-06-27 23:06
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
ありゃりゃ〜 ルリビタキが夫婦親子で撮れるとは恵まれたものですね〜
胸を精一杯膨らませたお父さんルリの力強いこと、感動ですね。
メールに書かれた玉砕の二文字は何かの間違いのようですね。
Commented by ckonkn at 2011-06-27 23:39
tanuki_oyajiさん こんばんは
去年もしんどいお山でルリの雛に出会えましたよね。
お先に撮ってしまいました(ペコリ)。
お父さんルリのこんな姿を見たのは初めてですよ。
携帯が圏外の所で良かったですよ、11時過ぎに小青1000枚撮りの話を聞いたら雪渓に登って直滑降で降りたくなってしまいますよ(笑)。
お三人が口裏を合わせた傑作物に較べたらこの程度ですから...
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 湿原のレンゲツツジ      コマドリ >>