2011年 06月 17日

♀コマドリ

せせらぎを背景にした♀コマドリの在庫です
d0125872_21265872.jpg

d0125872_21273861.jpg

d0125872_21274773.jpg

d0125872_21281627.jpg

d0125872_2129554.jpg

d0125872_21335067.jpg


by ckonkn | 2011-06-17 21:37 | 野鳥 | Comments(10)
Commented by koshizumi2 at 2011-06-17 21:58
彩の夢見人さん、こんばんは
これは良いですねぇ
大きさや背景が申し分なしですね
こんな風に撮れれば言う事なしじゃないですか
私も撮ってるので、同じく共催してみようかな
Commented by tanuki_oyaji at 2011-06-17 22:27
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
わっ こんな良いのが撮れてたんですね〜
水の流れが入ると背景がとても雰囲気が良くなりますね。
私も少しはあったかも知れませんが出すにはちょっと恥ずかしいなぁ〜
Commented by chitose.nori at 2011-06-18 14:52 x
夢見人さん こんにちは
色合いがとても綺麗で素晴らしい撮影です。私は特に4枚目の水の流れのシーンがとてもお気に入りです。良く見ると「コマドリ」が生意気に右足を少し前に出しポーズを取っているではないですか。これは、夢見人さんが要求されたのですか?しかも、カメラ目線とはねェー。Mに疑われないようにして下さい。
お知らせ。最近家の周りで「セキレイ」がうろつき、車のサイト・ミラーが糞だらけで焼き鳥にしてやろうかと思いましたが、どうも、土留めの石と芝桜の間に巣を作り、こそっと覗いてみると卵が二個ありました。親子丼が出来そうです。ではまた、ヨダレ熊より
Commented by koruri_9638 at 2011-06-18 18:30
彩の夢見人さん こんばんは
渓流とお嬢さんですか~~、
涎が出るくらい美味しいシチュエーションですね。
渓流の側でチャンスをジッと待ってた巨匠の圧勝ですね、
鳥に付いてウロウロ動き回った私はこんな良い絵は撮れませんでした。
Commented by ten-zaru at 2011-06-18 21:15
彩の夢見人さん、今晩は。
まさに背景を大切にされるお方の作品とお見受けしました。
ただただ見とれるばかりです。
Commented by ckonkn at 2011-06-19 18:52
越谷住人さん こんばんは
1枚目が一番気に入っているのですが、ちょっと近過ぎて日の丸構図、
2、3枚目は離れ過ぎて背景が汚くなってしまいました。
4枚目は雰囲気良かったのですが前が汚いですね。
なかなかな旨く行きませんね(涙)。
Commented by ckonkn at 2011-06-19 19:22
tanuki_oyajiさん こんばんは
今日はお疲れ様でした。
水の流れを背景にするのは難しいですね。
待っても絶好なところには行ってくれないし、行ったと思ったら数秒
某湖を背景に撮れたら良いですよねぇ。
温存しないでどんどん出しましょう、冬になってしまいますよ(笑)。
Commented by ckonkn at 2011-06-19 19:43
noriさん こんばんは
4枚目は水の流れが旨く背景になったのですが、前に邪魔物が有ったんですよ。
「右足を少し前に出しポーズ」や「カメラ目線」もしてくれるのは鳥だけですよ。
以前セキレイがトラックの運転席の後ろかどこかに営巣して、運転手の方は
気を使いながら配達に出かけているなんてことをテレビでやってましたが
サイド・ミラーの糞ぐらいはどうか我慢してください。
今年は親子丼にするのは止めた方が、2個の卵が無事に孵れば来年4個になりますよ。
旨く行けばこの親も2個の卵を生んで6個になりますよ(笑)。
Commented by ckonkn at 2011-06-19 20:51
クロジーさん こんばんは
実はこの日の前に行った時♂の渓流絡みを失敗したので狙ってはいたのです。
でもイザとなったら未熟な腕では撮れないですね。
何処かで4枚目のようなシーンに再度出会いたいですねぇ~
これよりはましに撮れるかどうか...
Commented by ckonkn at 2011-06-19 21:02
ten-zaruさん こんばんは
「背景を大切に~」なんて恐れ多いことは考えてませんよ。
全て鳥さんのご好意にすがっているだけなのですが、どうもいけません
一層のこと好意ついでにシャッターも押して欲しいくらいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ウソ      立ち枯れた枝止まりのノビタキ >>