彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 19日

また会えたヒレンジャク

菜の花は今を盛りに咲いていたのですが待鳥は居ず
d0125872_23511396.jpg

意外にもヒレンジャクに出会えました
背景は桜の花となったのですが
d0125872_2339952.jpg

d0125872_23392511.jpg

スッキリ撮れたのですが春の色が出ません
d0125872_035923.jpg
d0125872_23412481.jpg

d0125872_2341435.jpg

桜の花だけをご覧ください
d0125872_23425358.jpg

d0125872_23431785.jpg
d0125872_23565568.jpg

d0125872_23434491.jpg

残念ながら桜レンジャクは撮れませんでした

by ckonkn | 2011-04-19 23:31 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by koshizumi2 at 2011-04-20 18:57
彩の夢見人さん、こんばんは
何処へ行ってもレンジャクに恵まれてるなんて羨ましいです
今年は一人だけレンジャク撮り放題だったようですね
私なんかたった一度の出会いだけで終わっちゃいました(涙)
ロクヨンを使いこなしてのサクラはお見事です
これから新ロクヨンに移行するでしょうから、ますます磨きがかかるんだろうなぁ(あぁ、羨ましい)
Commented by ten-zaru at 2011-04-20 21:50
彩の夢見人さん、今晩は。
鳥はもちろんのこと花撮りも素晴らしいですね。
菜の花背景の桜は温かみがあっていいです。
そして桜の背景にヒレンジャクも文句なしです。
Commented by ckonkn at 2011-04-21 00:39
越谷住人さん こんばんは
こんな時期外れに季節感の無いシーンに恵まれてしまいました(笑)。
彼の地のキは「たった一度の出会い」でも内容が濃かったですね。
あんなシーンなら何度出会っても良いですね、殆んど賭けのような出会いでしたけど...
桜は18-85を持って行ったのですが名人のような絵はとても撮れないので断念
ロクヨンで真似事をしてみました。
Commented by ckonkn at 2011-04-21 00:45
ten-zaruさん こんばんは
時期外れのレンジャクが撮り放題でした、流石にカメラマンは少ないですね(笑)。
ロクヨン花撮りの暴挙をお褒め頂くなんてten-zaruさんも暴挙に出られたようですね(笑)。
皆さんの真似事をしてみたのですがどれもセンスに欠けるものしか撮れません(涙)。
Commented by chitose.nori at 2011-04-21 12:04 x
夢見人さん、こんにちは
夢見人さんにご連絡しなければと思いまして、今朝、目が覚めますと、やはり有りましたよ。「COLDEN」金の卵が二つ、えェー何を想像しているのですか?  違いますよ! 「キガシラシトド」の卵です。さっそく朝食で目玉焼きにして食べたところ、頭の毛が金色になってしまいました。「キガシラシトド」の語源有り難うございました。
本日のヒレンジャク大変気に入っております。小型の鳥の中では、ヒレンジャク、キレンジャクがお気に入りです。色がカラフルで綺麗であり、顔のメークと冠羽がとても良いてす。私もやっとヒレンジャクとキレンジャクの見分けが付く様になりました。この鳥は画面で見ていても飽きないし楽しいでよ。小さいくせにデーモンの様なメークをし、冠羽を立てて偉そうにしている。着ている羽もカラフルで本当に楽しいです。
取り合えず、ご連絡まで。
Commented by ckonkn at 2011-04-21 19:56
noriさん こんばんは
えッ 金の卵ですか 危ない危ない!
頭の毛が金色ですか、毛の量を考えないといけませんよ(笑)
歌舞伎の隈取り風な顔と冠羽が何とも言えずユニークですよね。
こちらでも以前は数十羽の群れで春先に来ていましたが最近は群れが小さくなって各地に分散しています。
カメラマンも一時程は集まらず、特にこの時期になってしまうと数人でひっそりと撮ってます。
おそらく今週末が最後かもしれません、連休過ぎにはそちらに渡っていくかも知れませんよ。
冠羽が立派過ぎるからって虐めないでくださいね(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< また会えたヒレンジャク_その2      今頃は何処に >>