彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 23日

河津桜とマヒワ

三連休初日近場の公園にて
d0125872_205775.jpg

d0125872_20571139.jpg

d0125872_2058334.jpg

d0125872_2058473.jpg

d0125872_20585643.jpg



《追記》

震災と津波の被害に遭われた方々を思うと能天気に鳥撮りなんかやっている場合では無いのでしょうが
かと言って今夢見人に出来ることは被災された方々へのお見舞いの言葉と不幸にも犠牲になられた方々、
ご遺族の方々へのお悔やみの言葉、そして懸命の救助活動を続けている自衛隊、警察、消防、行政、医療
関係の方々に心からの敬意を表することくらいです。

東京電力の経営理念は「エネルギーの最適サービスを通じてゆたかで快適な環境の実現に貢献」すること、
またここで言う「ゆたかで快適な環境」とは「便利でくらしやすいだけでなく、心豊かで、自然とも調和
した持続可能な社会」だと考えているそうですが、この高尚な理念も『想定外の津波の大きさ』で藻屑と
消え去ったようです。
科学技術の精華を集積したと喧伝され続けてきた原子力発電技術に『想定外』のことが有ったなんて...
平時には電力は作れても緊急時に電力を作れない世界最大の民間電力会社だったとは意外でした。
そもそも冷却水の循環機構の予備電源の発電機が地下にあれば浸水で動作不能になるが当たり前、
また「『多重防護』の考えを基本に、念には念を入れた安全対策が講じられている」
(http://www.tepco.co.jp/nu/knowledge/safety/index-j.html) 筈なのに燃焼済燃料棒の保管場所が
「1~2mの分厚いコンクリート」の原子炉建屋内、その建屋も水素爆発で天井部が吹き飛び放射線モレ。
なんと『想定外』の多いことか... 
「想定を超えたから甚大な被害を防げなかった」と言ったその瞬間に東電のリスクマネジメントは敗北宣
言がなされたのと同様、「人間の知恵と技術によってコントロールされた安全な原子力発電」も自然の破
壊的影響力の前には一時の驕りでしかなかったようです。

う~む~ 作業員2名が足に被曝...協力会社の人達なのでしょうね。
東京本社で「役員報酬のカットを検討」している場合ではないと思うのですがね~。

この鳥達にはどの程度の影響が出るのでしょうか...それを思うと居た堪れなくなります。
「心豊かで、自然とも調和した持続可能な社会」を念じ鳥撮りを再開したと言っても所詮能天気には
代わりないのでしょうね。



by ckonkn | 2011-03-23 21:05 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by chitose.nori at 2011-03-23 23:28 x
夢見人さん こんばんは
東日本大震災の津波やら福島原発のニュースばかりで心が滅入っておりましが、先ほどブログをポンと開いて見ますと、何と気持ちが良いでは有りませんか。桜とマヒワのコントラストが春の暖かさを誘っております。さらに暗い気持ちの停電から開放され、光の世界に戻ったような気分です。桜が散りかけているのが残念ですが、マヒワのあわく緑色がかった黄色と頭上が黒いところが印象にのこりました。本当に気持ちの良い撮影というのか画面でした。有り難うございます。
当地は三月に入ってから雪の日が多いみたいで、今日も短時間ですが雪が降りました。もう雪はうんざりです。
Commented by moriphoto at 2011-03-24 01:02
夢見人さん こんばんは!
河津桜とマヒワ綺麗ですね~
揺れ動く世間の雰囲気に流され暗くなっていても良い事無いですよね(^^)/
私も今週末は気分をリフレッシュするため鳥さん撮りに行ってみたいと思います!
Commented by yamazaki-masao at 2011-03-24 07:00
彩の夢見人さん お早うございます。
御無沙汰しておりました。
沈んだ気分を晴らしてくれるような明るく綺麗な絵、流石ですね。
河津桜のピンクとマヒワの黄色が素晴しいです。
我がホームパークもマヒワが100羽程定住して居ます。
今週末は彼岸桜とマヒワを狙ってみますが上手く撮れますかどうか・・・?
Commented by ckonkn at 2011-03-24 18:37
roriさん こんばんは
今夢見人に出来ることはささやかな募金と鳥撮り、こんなヘボな絵では被災地の方々には何の助けにも
ならないでしょうが、これも自然の持つ一面、それが伝わればと再開した次第です。

「桜が散りかけているのが残念」とはごもっともですがせめて「葉桜」ぐらいのご配慮が有っても(笑)。
「もう雪はうんざり」なのでしょうが、そちらに雪が降らなくなってしまってはそれこそ地球の終焉の時、
もう直ぐ春が来ますよ、名残の雪を楽しんでください。なんて雪国の生活を知らない能天気者の戯言で
しょうか...
Commented by ckonkn at 2011-03-24 18:41
森さん こんばんは
こんな駄作でも一枚貼るごとに僅かばかりですが募金をしようと思い再開しました。
決して能天気さを誤魔化すためでもガソリンの無駄遣いを隠すためでもないですよ(笑)。
早く復興が進み被災地の方々の心の中にも一刻も早く春が来るのを願いたいですね。
Commented by ckonkn at 2011-03-24 18:48
ヤマザキさん こんばんは
100羽も定住してますか...
晩秋の頃ハンノキの下で撮っていたのは何だったんでしょうね。
ヤマザキさんの絵ならきっと被災地の方々への励ましになるでしょうね
夢見人には羨ましさしか残らないですけど拝見できるのを楽しみにしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< マンサクの花とマヒワ      お見舞い >>