彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 01日

水場のキレンジャク

水は飲みたいけど冷たそうだし...
 迷ってますね~
d0125872_0141354.jpg

d0125872_0142141.jpg

d0125872_0142938.jpg

d0125872_0145055.jpg

d0125872_015448.jpg


by ckonkn | 2011-03-01 23:56 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by takanashy at 2011-03-02 10:03
巨匠 おはようございます
拝啓ご無沙汰 じゃなくて 背景を雪にするとレンちゃんが引き立ちますね。ルン
雪の降る町に行けないアッシは裏山志位です。ふさふさ頭も裏山志位・・ズルッ
で,下を覗いて様子をうかがっているから下連雀でしょうか? ガチョ~~ン
Commented by chitose.nori at 2011-03-02 11:40 x
夢見人さん、おはようございます
本日私は休日で有りましたので、朝からブログを見させて頂きました。
なんと、ミソサザイからキレンジャクにまた、変わっているでは有りませんか。素晴らしい画像といいますか撮影であり、撮影する方も寒さに耐えながらの瞬間、見事で感服の至り跪座致します。しかし、背後からの撮影はキレンジャクの見事なまでの冠羽を強調し、私に対するアテツケか、はたまた嫌味かとも、とりかねませんぞよ。
違いますよ。ただ単に羨ましく、キレンジャクに嫉妬しているだけです。
私も勉強しました。ヒレンジャクが尾の先端が赤で、キレンジャクは尾の先端が黄色く、翼に黄色と白の小さな斑紋がある。初めは「キ」と「ヒ」を間違えているのかと思いましたよ。私にはどの様に見ても同じにしか見えませんでしたから。このレンジャクの冠羽を立て、眼の周りが黒く凄みのある所が気に入っています。 春を楽しみにしているクマより
Commented by tanuki_oyaji at 2011-03-02 21:51
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
あれだけ川に近づいただけのことがありますね〜
一歩踏み違えれば川に転落ですから流石に肝の座った巨匠は凄いです。
私なんか小心者ですからとても覗き込む勇気もありませんでしたから・・・

Commented by ckonkn at 2011-03-03 00:15
大御所様 こんばんは
この日は運良く駐車場から4,5分の所で出会えました。
運が悪いと木道を延々と歩いて折り返す、これを2度、3度やっても出会えません。
それこそ「死期の予感」をたっぷり味わえますよ(笑)。
「下を覗いて~~下連雀」ですか(クスッ)、古くて新しい響きですね~~(笑)!。

そういえば、千代田区神田須田町一丁目・神田淡路町二丁目辺りを 関東大震災前には
「神田連雀町」だったそうですね、古い地名が残らないですね。
Commented by moriphoto at 2011-03-03 00:48
彩の夢見人さん、こんばんは!
普段見慣れた風景も雪化粧をすると素敵に見えてしまいますが
鳥さんもまた雪化粧された風景に居ると、その鳥さんの魅力も
倍増しますね!
Commented by ckonkn at 2011-03-03 00:57
noriさん こんばんは
育毛剤のつもりが毛染めでしたか、
染める元が無かったら意味が無いですよね(クスクス)。
でも今から育毛剤を使って効果あるでしょうかね、発毛するほうが速ければ良いのですが(笑)。
気は心って言葉も有りますから再度育毛剤でチャレンジして「怒髪天を衝く」ようになってから
今回の毛染めを使うのも宜しいのではと...でもヒレンジャク色では益々溝を深くしますよ、
ロマンスグレーなら多少余っていますのでお分けしても良いですよ(笑)。
アッ、キレンジャクも薄髪を逆撫でしてしまったようですね、別に意識した訳では無いのですが
冠羽が寝てるものが何故か撮れてないものですからご了承を...
まだまだ在庫がありますので、どうか黒い毛糸の帽子を被ってからみて頂ければ
嫉妬心も起きないのではと思いますよ(笑)。
PS 2日分纏めてしまった無精をお許しを!
Commented by ckonkn at 2011-03-03 01:10
tanuki_oyajiさん こんばんは
どうしても雪絡みが撮りたかったので先回りして安全そうな場所を確保できました。
肝なんか座って無かったですよ、足は半分しか木の根に乗ってなかったですからね。
まあたとえ落ちても所詮レンジャク君の足が立つくらいの深さですからね(笑)。
えっ、oyajiさんが小心者ですって、レンジャク君が折角飲み込んだズミの実を吐き出しますよ(笑)。
Commented by ckonkn at 2011-03-03 01:23
森さん こんばんは
レンジャクは平地では2月下旬から3月の鳥ですからね、なかなか雪絡みでは撮れないですよね。
この地では広すぎて何処で出会えるか運次第、かと言って木道を往復して探し回るのは
辛いものが有りますね、それが本来のバードウオッチングなのでしょうが。
雪のこの地は今回初めてでしたが来シーズンも病み付きになりそうです(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 水場のキレンジャク_その2      ミソサザイの囀り >>