彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 28日

ミソサザイの囀り

ミソも春が近いと唄っていました
d0125872_23551546.jpg

d0125872_23554641.jpg

d0125872_23554977.jpg

d0125872_23555244.jpg

d0125872_23555667.jpg

d0125872_23555868.jpg


by ckonkn | 2011-02-28 23:58 | 野鳥 | Comments(9)
Commented by koshizumi2 at 2011-03-01 12:27
彩の夢見人さん、こんにちは
そちらでは、もうミソッチが囀っているんですか
こんなシーンを捉えるなんて羨ましいです
私もご相伴に預かりたかったなぁ
Commented by auroreus at 2011-03-01 18:22
彩の夢見人さん こんばんは
あれ・・・このシーンは何処かで見たような・・・、
この時期からこんな見事な枝乗りで囀るんですね。
某所の春ミソ撮りを思い出しました。
Commented by ckonkn at 2011-03-01 21:15
越谷住人さん こんばんは
まだあんなに雪が積もっているのにミソの世界は春なんですね。
名人のお蔵の中でも今頃は大合唱になっているかも知れませんよ。
「相伴に預かりたかった」って名人が撮っていたのを横撮りさせて頂いたんですけどね(笑)。
何を撮ったか憶えていられない程の在庫をお持ちだなんて羨ましいですよ。
Commented by ckonkn at 2011-03-01 21:30
クロジーさん こんばんは
ご一緒した時の一番奥で名人とoyajiさんが撮っていたのを横撮りさせて貰いました(笑)。
先週はなかなか良いところに出て来なかったですがたまにヒョコッと枝に乗ってくれました。
あの地のミソも今頃はギャンギャン囀っているでしょうね。
もう一度位雪が降ってくれれば雪ミソのチャンスがあるでしょうがどうでしょうかね~。
Commented by tanuki_oyaji at 2011-03-01 21:54
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
ありゃ〜、随分大きな口を開けて囀っていたものですね〜
お山のミソッチもすっかり春の陽気を先取りしちゃって上機嫌だつたようですね。
Commented by ckonkn at 2011-03-01 22:41
tanuki_oyajiさん こんばんは
この時はoyajiさんは不参加でしたね、確か飲み過ぎだったでしょうか(笑)。
この囀りでoyajiさんを探していたようですね、うるさい程でしたよ、
前回橋の際で待ってませんでしか、言って措いたんですけどね~(笑)。
生き物は春の兆しに敏感ですね、oyajiさんの花の蕾を見ると元花屋さんの血が騒ぐのでは...
Commented by chitose.nori at 2011-03-01 22:50 x
夢見人さん、こんばんは
ヒレンジャクの所でコメントを入れたかったのですが、ミソサザイに変わってしまいました。遡りますが宜しいですか。
私はヒレンジャクの凛とした冠羽の姿を羨望の眼差しで見ておりまして、「怒髪天を衝く」ような髪が欲しい! そう思い、ドラックストアに育毛剤を購入に行きました。家に帰り育毛スプレーをテーブルの上に置いたところ、娘がそれを手に取り「父上様、ハゲをブラウンに染めるのですか?」ときた。「えェー・・・・・育毛剤であるぞ。」、娘「これはスプレーで髪を染めるものなの・・・・・」体が固まるとはこの事かと思いましたよ。
パッケージには写真で使用前のカッパ禿げがあり、使用後はフサフサの髪の毛だ。おまけに「髪が温になる」なんて書いてあった。本当に危なかった。知らずにふり掛けて鏡の前で「ギャー!」と叫ぶ所でした。
しかし、ヒレンジャク色に染まり変身するのも良かったかもしれない。
この事件で、更に家族との溝が深まり一層毛が抜け始めました。
ヒレンジャクに会ったら宜しく伝えて下さい。
Commented by もひかん鉄っちゃん at 2011-03-01 23:19 x
ご無沙汰してます
うきーーーー
みその囀り
凄すぎます
ここんところ野鳥さんは良いのが撮れてません
支店で一度目視のトラもそれっきりですう
Commented by ckonkn at 2011-03-03 00:10
鉄っちゃん こんばんは
こちらこそご無沙汰しております。
12月半ばにKでお会いしてからですね、でも傑作の数々はいつも拝見させて頂いてますよ。
ただ漫然と撮っている夢見人からすればどれも感性豊かな作品、
何時か参考にと思いながらもいざその時になると感性とは程遠い駄作ばかり(涙)。
今年は桜ベニはどうでしょうね、その頃お邪魔したいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 水場のキレンジャク      枝乗りのヒレンジャク >>