2011年 02月 02日

オオワシの飛出し

飛び出しシーンも撮れました
 12枚の連続ものです
d0125872_030328.jpg

d0125872_03098.jpg

d0125872_030149.jpg

d0125872_0302263.jpg

d0125872_0302774.jpg

d0125872_030316.jpg

d0125872_0303529.jpg

d0125872_0304440.jpg

d0125872_0305038.jpg

d0125872_0305751.jpg

d0125872_031387.jpg

d0125872_0311669.jpg


by ckonkn | 2011-02-02 23:54 | 野鳥 | Comments(13)
Commented by yamazaki-masao at 2011-02-03 06:26
彩の夢見人さん お早うございます、
この日がいつか来る事は覚悟していました ウ~ッ。
実に見事なタイミングで撮られていますね。この時私は隣に居て何をしてたのか。
ポケットからテレコンを取りだそうと一瞬目を離した瞬間だったんです(泣)。
それにしても、じっと留まったきりで何時動くのか解らないオオワシにカメラを向け、
このタイミングを待って居る事の大変さは「忍耐」の一言ですね。今後は夢見人さんの忍耐強さを見習います。
Commented by keityu at 2011-02-03 07:38 x
彩の夢見人さん、おはようございます
いやあ~、実に見事な飛び出しですね。
昨日の飛び付きに続いて、こんなのが出てきちゃあ、私は2番煎じですから、
後々こっそりと出すしかないか(笑)
Commented by koshizumi2 at 2011-02-03 08:18
彩の夢見人さん、おはようございます
後から出してくるだけあって、素晴らしい作品に仕上がってますね
これだけの物が撮れるなんて憧れちゃいますよ
私の駄作と比べる事さえナンセンスです(涙)
Commented by auroreus at 2011-02-03 08:45 x
彩の夢見人さん  おはようございます
あら~~こちらにも猛禽道まっしぐらの方が、
そのうち某遊水地に入り浸りになるんじゃないですか(笑)。
しっかし恐ろしい程の迫力ですね、
子鳥と違って体長よりも翼長が長いんですね これなら滑空は楽でしょう。
某ブログと言い素晴らしい絵のオンパレード・・・羨ましい。
Commented by ckonkn at 2011-02-03 17:37
ヤマザキさん こんばんは
前回も飛んで来たのを気付くのが遅れ後ろ姿を撮る羽目に今回も1回目の飛び出しを見逃し、
羽伸ばしも撮れずでしたので今度は逃すまいと必死でした(笑)。
ストレッチの後頭を上げて見渡す素振りを何度かしていたので飛ぶかなと山カンを
ラッキーにも見事に当たってしまいました、こんな事は2度と無いでしょうね(汗)。
忍耐強いなんてことは有りませんよ、諦める決断がちょっと遅いだけですから(笑)。
Commented by ckonkn at 2011-02-03 17:42
keityuさん こんばんは
いや~、マイスターの絶妙なタイミングの飛び出しを現場で見せて頂いていたので
どうせガッカリするなら後は野となれ山となれ、と先に出してしまっただけですよ(アセ)。
”後々こっそりと出す”なんて素人に花を持たせるご配慮に涙が留め止も無く流れてきます。
でもその時になると出来の違いにまたまた涙するだろうな...
Commented by ckonkn at 2011-02-03 17:47
越谷住人さん こんばんは
またまたご冗談を! 後からも何も夢見人は単なる撮影順に出しているだけですよ。
名人の絶品の後から出すことは、相当な勇気が要るのと同時に面の皮も厚くなりますね。
そのお陰で今シーズンはまだ風邪も引いてませんよ(笑)。
Commented by ckonkn at 2011-02-03 17:52
クロジーさん こんばんは
いえいえ、まっしぐらに走っているのは名人の冬装備を施した特殊車、
夢見人は後部座席に載せられて着いたところで放り出されているだけですよ。
某遊水地でベニ待ちで入り浸りになるのも良いかもしれませんね(笑)。
翼長2m4,50を現場で一度でも見れば必ず支配人も虜になりますよ。
かの名人ですら今や「オオワシの足に掴まれて湖面を~」と言っているくらいですからね(爆)。
Commented by chitose.nori at 2011-02-03 21:04 x
夢見人さん、こんばんは
「オオワシの飛び出し」、風呂上りのとろんとした眼でブログを開きました。来ましたねェー「これで、どうだー!」という作品ではないですか。
開いたとたん「オオオオ・・・・・・・・・・・!」。股間を思い切り蹴られて、目玉が飛び出し床に落ちて、それを拾ってはめるのが大変だった。そのぐらい迫力のある驚きの素晴らしい、目覚めの良いお気に入りの作品でしたよォー。本当にこれは、夢見人さんが撮影したのでしょうかねェー?
今度お会いした折りには、「鶴の舞」で無く「オオワシの舞」をご披露しましょうか。  驚きの余り、毛が逆立った。冬眠途中のクマより。
Commented by tanuki_oyaji at 2011-02-03 22:42
彩の夢見人さん、こんばんは〜♪
ああ〜、絶句!!
あまりにも見事な絶品にもうなにも言葉が浮びません。
Commented at 2011-02-03 23:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ckonkn at 2011-02-04 20:54
noriさん こんばんは
目玉が飛び出すくらいの驚きは聞いたことがありますが
「目玉が飛び出しそれを拾ってはめるのが大変なぐらい迫力のある驚き」ってのは初めてですね。
左右入れ違えなければ良いですね~(爆)。
やはりお疑いですか、本人もまだ信じられないんですよね~、出来過ぎのようで...
でも夢見人のCFの中に入っていたので間違いは無いようですよ。
「オオワシの舞」を見せて頂けるとは感激ですね、眼帯を用意して楽しみにしています(笑)。
Commented by ckonkn at 2011-02-04 21:03
tanuki_oyajiさん こんばんは
ああ~ あと一か月すると桃の節句なのですね~ あっ 字が違ってましたか~
とんだ早とちりをしてしまいました(笑)。
余りにも短いコメだったのでてっきりoyajiさんの心境を短歌に託したのかと思ってしまいました。
しかしoyajiさんの欠席の時にこの地のハプニングは起きますね(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 湖岸のハギマシコ      オオワシの飛付き >>