彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 01日

まだ居てくれたキビタキ♀

先週某日のAにて
何も撮れない時に突然出てくれると天使のように見えます
d0125872_2329376.jpg

バッタだったのしょうか大分満腹になったようでしばらく動けなかったようです
d0125872_23322014.jpg

d0125872_23325465.jpg

d0125872_23331310.jpg


動画です
囀ってくれました


by ckonkn | 2010-11-01 23:25 | 野鳥 | Comments(10)
Commented by koshizumi2 at 2010-11-02 12:01
彩の夢見人さん、こんにちは
渡りの時期、最後までお相手してくれるのはこの子ぐらいしかいませんね
他の子たちも見習って欲しいもんですね
Commented by ckonkn at 2010-11-02 17:06
越谷住人さん こんにちは
5月前から10月いっぱい、半年以上楽しませて貰ったなんて、キビタキ様様です。
あと半年後でないと会えないとなると寂しくなりますね。
渡りのキビでこんな記事を見付けました。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/birdbanding/kibitakisencho/0830.shtml
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/birdbanding/kibitakisencho2/1014.shtml
涙の出で来る話ですね。
Commented by keityu at 2010-11-02 17:14 x
彩の夢見人さん、こんばんは
ううっ、心温まるお話に思わず涙が!
巨匠もAで無理な姿勢でキビタキを撮るのを諦められそうですね(笑)
まあ、何も撮れないなんて事は無いでしょうから、他にも色々居たんでしょうね~
Commented by yamazaki-masao at 2010-11-02 18:46
彩の夢見人さん こんばんわ、
素晴しい記事のご紹介、有難う御座います。
実は私、洞爺丸にその前年の夏、乗船したんです。
記憶では確か小学校2年生の夏休み、母の実家が北海道で
そこへ遊びに行ったんです。子供心に大きな洞爺丸は印象深く忘れませんでした。その船が一年後沈んでしまったのです。ショッキングなニュースでした。
しかし、キビタキの事は今日まで何も知りませんでした。
Commented by auroreus at 2010-11-02 20:04
彩の夢見人さん こんばんわ
キビタキ船長の話し・・・私は鳥を撮り始めた頃に読みました、
その後の話は今回初めてでしたが。
「人と自然の関わり方」…よくそんな文章を見ます、
何か根本的に勘違いしてるような気がします 人は自然の一構成要素です。
なまじ知能が発達したおかげで高慢で居丈高な生物になってしまったようです、
必死で渡っている鳥をカスミ網で捕まえて足輪を付ける どんな屁理屈をこねても虐待以外の何者でもありません。

・・・生意気な事を書きましたがこれが私信です。
Commented by ten-zaru at 2010-11-02 21:45
彩の夢見人さん、今晩は。
ぷくっと丸いお腹のキビちゃん、可愛いですね。
ただ見ることができるだけで幸せです。
Commented by ckonkn at 2010-11-02 23:43
keityuさん こんばんは
自然の恵みで生活している人達は生き物に対して優しいですね。
忘れたくない話ですね、こんな話の有ったことを知り今日は満足の行く一日でした。

この日は残念ながら他には撮ってません、青い子の若やツツドリがいたようでしたが...
Commented by ckonkn at 2010-11-02 23:51
ヤマザキさん こんばんは
洞爺丸に乗られましたか
夢見人は昭和51年10月の始め札幌出張の折に何丸か忘れてしまいましたが乗りました。
青函トンネル開通の前に1度は乗って見たいと思っていたのですが、
飛行機で行っても札幌着は昼前、夜行寝台+青函連絡船で行っても同じ頃の着、
それならばと思い出張申請は飛行機、実際は...なんて悪巧みを(笑)。
ところが運悪く地震で列車が遅れ青森着が8時過ぎ、さらに悪運は重なるものです。
この年の10月2日に起きた函館本線(当時は単線)で41両連結の貨物列車の脱線事故、
日本の鉄道事故史上で最多の脱線車両(29両だったような)を記録した事故の影響が...
数日後でも山の中の事故現場には転覆した貨車が生々しく横たわっていました。
結局列車が札幌に到着したのは日がトップリと暮れてからでした...
この日は仕事のアポを入れて無くてホッとした思い出が有ります。
なんて事が有った時も津軽海峡を渡るキビ達が居たのですね
Commented by ckonkn at 2010-11-03 00:06
クロジーさん こんばんは
そんな早くからご存じでした、流石に支配人!!
まったく同感ですね、
人間の幸福、利便性の追求の名のもとにどれ程の動植物を死滅させてしまったか
生物である以上”共生”を忘れてはいけませんね。
宮脇昭さん(横浜国大の名誉教授)が
「日本の常緑広葉樹を主とする照葉樹林帯では土地本来の森は0.06%しか残っていない。
ほとんど人間が手を入れて二次林や人工的で単一樹種の画一樹林にしてしまった。
これが台風や地震、洪水などの際の自然災害の揺り戻し(2次災害)が起こる諸悪の根源である。
その土地本来の潜在植生は、「鎮守の森」を調べればわかる。大抵、シイ、タブノキ、カシ類の
木々が茂っているはずだ。」と書いているのを読んだことが有るのですが
こんなところにも人間の愚かさが現れていますね。
「鎮守の森」を遊び場にしていた夢見人には実感できますね。
Commented by ckonkn at 2010-11-03 00:11
ten-zaruさん こんばんは
この時は本当に満腹になったようですね。
最初の枝で格闘の末やっと飲み込んだと思ったら、直ぐ下の枝に飛び移り
しばらくキョロキョロしていました。
同じ姿勢のものを何十枚も撮ってしまいました(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 久し振りのカワセミ      マヒワ >>