彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 30日

夏のルリビタキ

標高1600m位の峠道で出会った夏ルリです
d0125872_0285511.jpg
d0125872_0291229.jpg
d0125872_0294262.jpg
d0125872_030998.jpg
d0125872_0303661.jpg
d0125872_0305017.jpg


by ckonkn | 2010-06-30 23:53 | 野鳥 | Comments(7)
Commented by auroreus at 2010-07-01 07:41 x
彩の夢見人さん おはようございます
夏ルリ撮り放題とは羨ましいかぎりです、
去年お山でギャンギャン泣いてるのは聞いたのですがえにできませんでした。
それにしても♀がこんな枝に姿を見せるなんて・・・流石は国産?、
渡り鳥の♀はなかなか姿を見せてくれませんものね。

それにしても本命が出てきませんね~~
海洋深層水風呂は気持ちが良すぎて出る気にならないんでしょうか(笑)。
Commented by autroreus at 2010-07-01 07:56 x
ロゴ絵で予告をして頂いていたとは気が付きませんでした(笑)
Commented by keityu at 2010-07-01 08:58 x
彩の夢見人さん、おはようございます
やはり極上物の本命は後回しで、前座の夏ルリなんですね(笑)
しかし見事なロゴ絵ですね。
Commented by koshizumi2 at 2010-07-01 12:12
彩の夢見人さん、こんにちは
えぇっ、そんな低地でもルリビタキが見られるんですかぁ
私なんか更に頑張って登ってるって言うのになぁ
どこまでも恵まれてる巨匠が羨ましいです
Commented by ckonkn at 2010-07-01 18:43
クロジーさん こんばんは
どうもこの場所は営巣場所だったようですね、お母さんルリが盛んに餌運びをやってました。
♂は帰り道に同じ場所で出会ったのですが、ほんの数分止って直ぐに奥えと消えて行ってしまいました。
抱卵、子育ては専ら♀ルリのようですね。
予告と言う訳ではないのですが、ロゴ絵と同じシーンを何処かのブログで見かけたものですから
急遽差し替えざるをえなかったのですよ、悲しいかな差が有り過ぎるもんですから..
Commented by ckonkn at 2010-07-01 18:48
keityuさん こんばんは
いやだなあ~、当ブログには前座も何も区別は無いですよ。
普通種しか撮れない夢見人にとっては夏ルリも大本命ですからね。
それに今回は岩乗りや苔絡みは撮れてませんからマイスターの絵と較べたら
湖の底に沈めたいくらいの出来ですよ、もちろん勿体無くて直ぐに救い上げますけど(笑)。
Commented by ckonkn at 2010-07-01 18:55
越谷住人さん こんばんは
名人はもちろん近場までは車ですよね
ここは山道を1kmは登ったところで、しかも名人が通るのには無理そうな難所が二ヶ所も有りますよ。
マイスターが通れたのも不思議なくらいなのですが...
苦労して登った割りにはoyajiさんに良いところは全部攫われてしまったので決して恵まれてませんよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 人工物乗りのコマドリ      オオジシギ_その2 >>