彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 05日

枝乗りのトラツグミ

某名人から”みすぼらしい”と酷評されそうな枝止まりのトラですが
折角撮ったので掲載しました
d0125872_22204079.jpg
d0125872_22232742.jpg
d0125872_22234367.jpg
d0125872_222434100.jpg
d0125872_22252876.jpg

見つけてからAFが合わずキリっとした姿は撮り逃しました

by ckonkn | 2010-01-05 22:29 | 野鳥 | Comments(10)
Commented by tanuki_oyaji at 2010-01-05 22:34
彩の夢見人さん、こんばんは~~♪
いよいよトラ攻撃の始まりですかぁ~~
枝止まりは初めてですねぇ。
何もキリッとしていなくてもこんなに良いのが撮れてんだから文句無しですよ。
Commented by 越谷住人 at 2010-01-06 00:45 x
彩の夢見人さん、こんばんは
これぐらいなら全然問題ないですよ
枝に登ってくれただけでも羨ましいのに、贅沢を言っちゃいけませんよ
私のなんて、ほとんどが目線の前に枝が入ってましたから(涙)
Commented by keityu at 2010-01-06 07:45 x
彩の夢見人さん、こんばんは
おお~、こっちは枝乗りトラちゃんですか~
これ位ならみすぼらしくなんて全然無いですよ。
って言うか、枝乗りだなんて羨ましすぎですよ~
まあこの後もすっきりとした枝乗りの巨匠が出てくるでしょうから、
って、あれっ、何か変かな(笑)
Commented by auroreus at 2010-01-06 08:39
彩の夢見人さん おはようございます
おおっ!これはっ! 素晴らしい枝乗りトラではないですか~、
これだけバッチリ撮れてれば少々の枝被りなんて問題ないですよ、
かえって天然っぽくって良い雰囲気でてますよ。
しかしどの鳥に限らず巨匠の絵には目を見張るモノがありますね~、
ピン・色・シチュエーション・・・どれを取っても私なんか巨匠の足元にも及びません(泣)。
Commented by 小鳥遊 at 2010-01-06 08:49 x
巨匠 おはようございます
凄いですね~~ 感動したっ!!!
噂には聞いておりましたがこれほど素晴らしいとは・・・
まさに横取り政令指定都市民の面目躍如でありまする。
ところで枝被りなんて言葉をちらっと見ましたが
これこそかの有名なS口さん仰るところの「芸術的枝がらみ」であります。
今後はすべての野鳥撮影にこの路線を引き継いでくださることを祈念しております。
Commented by ckonkn at 2010-01-06 21:08
tanuki_oyajiさん こんばんは
この日2回目撃後3回目にしてやっと今期初撮りできたのですが、
トラの顔が余りにも素っ頓狂なので闇に葬ろうと思っていたのです。
攻撃の始まりどころかこの休みに撮ったものは全て吐き出してしまいましたよ。
残りは後ろ姿とか、向き違いしか有りませんから最初に撮った最後のトラになりそうです(涙)。
Commented by ckonkn at 2010-01-06 21:13
越谷住人さん こんばんは
見つけた時はこの枝の左側ですくっと立っていたのですが、
夢見人のトロイ腕ではこんな哀れな姿しか撮れませんでした(涙)。
名人の言葉の”ほとんどが~”が非常に気になるのですが...
当然”目線の前に枝が入っていないもの”も撮っているということですよね!
名人の胃の痛みは隠し持つ重圧に胃が耐え切れなくなっているのかも知れませんね(笑)。
”胃は口ほどにものを言う”ってことわざもありますからね(大笑)。
Commented by ckonkn at 2010-01-06 21:20
keityuさん こんばんは
あれれ、猛禽道を歩むマイスターの時計は小鳥を愛する夢見人の時計とは時差があるようですね(笑)。
マイスターのように出会いがしらの妙技を習得してないためこんな不恰好な姿を撮ってしまいました。
うむっ、スッキリした枝ですか、言葉の順序が逆ではないでしょうか、
”スッキリした夢見人の枝乗り”これなら意味が通じますよ(笑)。
Commented by ckonkn at 2010-01-06 23:03
クロジーさん こんばんは
”素晴らしい枝乗りトラ”って数秒前の姿を想像してませんか、
”逃がしたトラ”は実に素晴らしかったですよ(笑)。
この程度のものを”目を見張るモノ”などと持ち上げられると
スッキリした枝によじ登りたくなってしまいますよ(笑)。
Commented by ckonkn at 2010-01-06 23:08
大御所様 こんばんは
これを見たらトラ君も機嫌を損ねると思って出すのを控えてはいたのですが、
大御所様がこんなに感動なさるとはどうやら”芸術的なトラがらみ”を撮っていたようですね。
天性の前ピン人間なものですから、「芸術的後ろボケ」は大得意ですよ。
枝を撮るのは楽で良いですね、多少風に揺れるぐらいで飛びはしないですからね(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 霜の朝のベニ      カケス >>