彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 09日

電線止まりのチョウゲンボウ

この日は一度も旋回飛行をしてくれませんでした
鉄橋の上でしばらくマッタリしていたと思ったらいきなり飛んで今度は高圧線でもマッタリ
夕日の中で目が綺麗に輝いていたのですが...
d0125872_0184135.jpg
d0125872_019471.jpg
d0125872_0191041.jpg


by ckonkn | 2009-12-09 23:54 | 野鳥 | Comments(10)
Commented by keityu at 2009-12-10 07:00 x
彩の夢見人さん、おはようございます
やっぱり坊さんに会いに行ってたんですね(笑)
と言う事はいよいよ巨匠にもお迎えが来たのかな(大笑い)
この機会に猛禽道に足を踏み込んじゃって下さいな。
Commented by auroreus at 2009-12-10 08:31
彩の夢見人さん おはようございます
おや~ここにも猛禽屋さんが・・・(笑)、
青空に電線止まりのお坊さん 赤みかかった夕日が目に映えてなかなか絵になってますね~。
マイスタ~もお仲間が増えて心強いでしょう、
この際森永製品を食べに某有名ポイントにも遠征してみてはいかがですか。
Commented by 越谷住人 at 2009-12-10 10:07 x
彩の夢見人さん、こんにちは
猛禽に手を染めたからには、これぐらいじゃ満足出来ないんでしょうね
私みたいな素人なら、猛禽が撮れるだけでも大満足なんですけどね
それにしても、青空に猛禽は映えますね
Commented by ckonkn at 2009-12-10 17:35
keityuさん こんばんは
午後からでは土手しか無かったものですから、歯医者の帰りに行ってしまいました。
”お迎え”が来るほどの身分では無いので自分で運転して行きましたけど(大笑)。
そう言えばマイスターのところに”カワちゃんのお迎え”は最近来てないようですね。
夢見人は心優しい小心者ですから、マイスターのようにエンゼルマークを装って亡金の世界
いや、猛禽の世界へは踏み出せませんよ(笑)。
Commented by ckonkn at 2009-12-10 17:42
クロジーさん こんばんは
”茜色の夕焼けを背景に”と思って出かけたのですが晴天過ぎて雲がまったく無し、
ならばこの角度で木止まりでもと思っても、飛んでくれない、降りてもくれず、
1時間以上電線に止りっぱなしだったので残念ながらタイムアウトとなってしまいました。
森永ですか、どうも一級品には縁が無いのと根が欲張り者ですからね、
グリコの”一粒で2度おいしい”方が...(笑)
Commented by ckonkn at 2009-12-10 17:49
越谷住人さん こんばんは
いくら高いところが好きだからって高圧線の上にではね~ぇ。
しかしこんなところで電磁波の影響を受けないものですね!
送電線の下では小児白血病や小児筋肉腫瘍が数倍増えると言われていますけどね。
でもお坊さんですから俗事から御仏が守ってくれるのでしょうね。
なんてことを考えるとやはり木の上に居て欲しいですね(笑)。
ハチクマなんかを撮ってるお方を誰も猛禽素人とは言わないでしょうね(大笑)。
それに較べればチョウさんなんか入門者向きですよ。
Commented by chitose.nori at 2009-12-10 21:35 x
夢見人ちゃん  こんばんは
歯の調子は、いかがですか。先日私も歯科に通院して、驚いたことがありました。先生様が、「上手く治療出来ないので、抜いて治療しますか」と言ったので『ハぁ------」「また、その歯戻すんですか?』先生様「そうです。」これは丁重にお断りをしました。
それはさておき、電線に止まっているチョウゲンボウ中々飛び立たないので、石でも投げてやろうかと思ったら写真でした。猛禽のくせに、意外と可愛い顔をしているので、友達になれそうです。しかも、質の良い羽毛を着て暖かそう。こちらは、カラスも電線からコケそうな寒さです。
何か、飛行中の羽を広げているものを見せて下さい。 わがままで、ゴメン。歯と歳に負担を掛けないように、撮って下さい。
Commented by tanuki_oyaji at 2009-12-10 22:22
彩の夢見人さん、こんばんは~~♪
こんどは高圧線止まりのチョウゲンさんですか。
だんだんと猛禽の虜に嵌って行くようですね。
そう、夢見人さんが満足できるまでのめり込むのは目に見えています。
Commented by ckonkn at 2009-12-10 23:48
noriさん こんばんは
あと歯槽膿漏の切開治療が3箇所、明日が2回目の切開です。
痛みと腫れも1回当たり3日、余命20年としてもたった9/7300日
痛みが有っても鳥撮りはできますからどうってことは無いですね(笑)。
このチョウさんは猛禽の中でも特に可愛い顔をしてますからね、嵌まりますよ。
カラスもコケそうな寒さとは辛いですね、それに比べればこちらは南国ですね。
今のところ8~15,6度有りますからね。
羽拡げですか、これはまたキツイご注文ですね、何時になることやら!
気長に待っていてください、何しろチョウさんのお情け次第の腕ですから(笑)。
追伸:Mがnoriさんのメールアドレス知りたがっていますので非公開コメで
知らせてください。宜しくです!
Commented by ckonkn at 2009-12-10 23:52
tanuki_oyajiさん こんばんは
今のところマイスターの入れ込み方と違って猛禽とは言ってもチョウさんだけですよ。
何時も居てくれるので撮れる撮れないは別にして心優しい鳥さんですよ(笑)。
oyajiさんもチョウさんの目を現物で見たらきっと嵌まりますよ。
ぜひ一度挑戦してみてください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 在庫の茶マシコ      見送りルリビタキ_その3 >>