彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 12日

ハクセキレイ

何時でも何処にでもいるハクセキレイですがこんな感じで撮ると別の鳥のようですね
d0125872_23312034.jpg
d0125872_23324038.jpg
d0125872_23342137.jpg
d0125872_23344057.jpg
d0125872_2335267.jpg
d0125872_23352196.jpg
d0125872_23354919.jpg


by ckonkn | 2009-11-12 23:37 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by 越谷住人 at 2009-11-13 07:46 x
彩の夢見人さん、おはようございます
お見事です、これほど綺麗にハクセキレイを撮れる人は巨匠以外に考えられません
よほど、ハクセキレイに愛着を感じるかハクセキレイに巨匠が好かれてるかのどちらかですね
私もたまに撮る事はありますが、これほど綺麗に撮った事なんてありませんから
ホント、撮影ポイントに恵まれている巨匠が羨ましいです
前後ボケを生かした作風から、すっきりとした枝止まりまで傑作揃いですね
いつかお会いする時には巨匠に師事し、撮影方法を伝授して頂きたいもんです
Commented by keityu at 2009-11-13 07:51 x
彩の夢見人さん、おはようございます
いや~、ハクセキレイも巨匠に撮られて思わずモデル立ちをしちゃったんでしょうね~
やっぱりおだてる仕方に何かコツが有るんでしょうね(笑)
それにしても尻尾切りの荒技まで持ち込むなんて、只者じゃないですね(爆)
Commented by auroreus at 2009-11-13 08:32
彩の夢見人さん おはようございます
おおっ!これはまた素晴らしい・・・、
巨匠が撮るとそこら変に居る普通の鳥さんが超美麗種に大変身しますね~。
枝止まりも良いですが岩に止まって物思いに耽ってるような表情がたまりません・・・、
水墨で書かれた鳥獣屏風絵のような趣があって・・・流石です。
Commented by ckonkn at 2009-11-13 23:27
越谷住人さん こんばんは
カメラマンには無視されるは、イソヒヨには追いかけられて岩の上で
この世を儚んで居るようだったのでちょっとモデルになって貰いました。
種明かしをすれば止っている枝はカワちゃん用、岩に見えるのは護岸の天辺なんですけどね。
この岩もどきは直ぐ足元ですから6,7m移動して欄干から乗り出して撮ってました。
なのでこの撮影方法は残念ながら名人にはお勧めできないのですよ。
Colemanの椅子と同じで欄干に寄り掛かるには体重が...(笑)
3,4m下は水ですからたとえ落ちても名人を心配することは無用でしょうけど、
ボラの大群が圧死することになりそうなので、そのことがちょっと心配で...(大笑)。
Commented by ckonkn at 2009-11-13 23:32
keityuさん こんばんは
おだて方のコツですか、一応門外不出の秘伝中の秘伝なのですが特別にお教えしましょう
言葉少なに”可愛いね!”って言ってあげることですよ
マイスターのようにのべつ幕無しでは効き目が無くなりますよ(大笑)。
前を向いている時には丁度良く収まっていたのですが、急に向きを変えられたものですから...
只者が撮ると頭も切るって難しいですね(笑)。
Commented by ckonkn at 2009-11-13 23:39
クロジーさん こんばんは
いや~、支配人に”物思いに耽ってるような表情”に見えるとお墨付きを頂けたとは感激ですね!
普段は体を伸ばしぴょんぴょん跳ね回っている姿とは違ってこんな姿も良いもんですね。
”水墨で書かれた鳥獣屏風絵のような趣”なんてハクちゃんが聞いたらのぼせ上がるでしょうね
2度と”哀愁のある姿”を見せてくれなくなってしまいますよ(大笑)。
モデルにその気になられると夢見人は路頭に迷うことになりかねないですからね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< シティ派のイソヒヨ      ジョウビタキ >>