2009年 10月 20日

夕暮れのコサギ

夕暮れのコサギを撮ろうと思ったのですが中途半端な夕焼けでした
d0125872_20534834.jpg
d0125872_2054827.jpg
d0125872_20542932.jpg


by ckonkn | 2009-10-20 20:57 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by auroreus at 2009-10-20 21:13
彩の夢見人さん こんばんは
コサギっていうとあの飾り羽の有るヤツですか~、
私は観た事もないのですが(・・・たぶん)。
セピア調のなかなか雰囲気の有る絵に仕上がってますね、
一枚目の絵に「哀愁」とタイトル付けて見ました 巨匠が狙った雰囲気に合ってるでしょうか。
最後のヤツはカルガモにちょっかい出してる?、
一枚目の温厚な雰囲気とは対極的な絵を持ってくるとは・・・流石ブログ巧者ですね。
私も見習わなくっては~。
Commented by ckonkn at 2009-10-21 00:08
クロジーさん こんばんは
この子には2本の冠羽が無いのですが冬羽なのか幼鳥なのかは...
この自生(?)の枝にはカワちゃんが止まっていたのですが、追い払ってちゃっかり乗っていました。
この川(去年夏場にご一緒した所)は夕方の満潮時には50cmくらい水位が上がってきて、
空の写り込みが良い雰囲気となるのですが、夕焼けが足りませんでした。
「哀愁」ですか、流石支配人! いや~、タイトル負けしてますよ(アセアセ)。
最後の絵は羽を広げたところを狙ったのですが、これも夕焼けには染まりませんでした。
それにカルガモがいたなんてまったく気付きませんでしたよ(笑)。
>一枚目の温厚な雰囲気とは対極的な絵を持ってくるとは
これも上の2枚だけでは寂しいものですからオマケの積りだったのですが。
折角素晴しいタイトルを頂いたのでしばらく「哀愁シリーズ」を狙ってみようかな(ウキウキ)。
Commented by keityu at 2009-10-21 07:40 x
彩の夢見人さん、おはようございます
う~ん、コサギねえ~?まるで詐欺にあったような気分ですけど(笑)
まあ巨匠の場合はイソヒヨに待ちぼうけを食らって、腹いせにコサギを撮った
って所だと想像するんですけど(笑)
Commented by 越谷住人 at 2009-10-21 08:05 x
彩の夢見人さん、おはようございます
珍しい物を撮ったんですねぇ
原色系命の巨匠が白い物を撮れなんて、何か心境の変化でもあったんですか?
まぁ、大方マイスターのコメントが正しかったりして(笑)
Commented by 小鳥遊 at 2009-10-21 08:56 x
巨匠 おはようございます
芸術祭参加 黄昏の巨匠作品「哀愁」 
大絶賛公開中!!!  パチパチパチパチ
Commented by ckonkn at 2009-10-21 17:32
keityuさん こんばんは
マイスターにしては”詐欺”だなんて今朝は切れがないですね(笑)。
日曜日にはイソヒヨを後回しにしてコサギをサギ(先)に撮っただけですよ。
()書きを付けること自体が切れが無いって? いやいや誤解が有ってはいけませんから(笑)。
コサギは古くから日本画の題材になってますからね、心を込めて撮らないといけませんね。
でも、マイスターのような腕が無いと上手く撮れませんね。
純白の心だけでは如何ともし難いと思い知らされました(笑)。
Commented by ckonkn at 2009-10-21 17:39
越谷住人さん こんばんは
白は三原色の究極の色ですからね、白を極めないと原色系を極められないし、
名人について行くには避けられない関門ですからね!
それにこの時期に原色系だけにはこだわってられないって事情も有りまして...(苦笑)。
えっ、マイスターのコメを信じるのですか、
名人の純白の心が”腹いせ”色に染まってしまいますよ(笑)。
ところでサギ類は清流域には生息しないそうですね、
う~む、名人とは逆だな~ぁ!。
Commented by ckonkn at 2009-10-21 17:49
小鳥遊さん こんばんは
大御所様に滑ったところを見られてしまったとは! しかも安眠を妨げてしまい恐縮です(ペコリ)。
昼過ぎから待ちに待って夕方になってやっと撮れました(笑)。
もっとも朝からコサギを撮っていたら幸サギが悪くなりますからね、あっ、幸先でしたね!
最近小さい鳥さんに見放されていますので、ならばいっそうの事大きい鳥に宗旨替えし、
しかも白を朱に染めてみようなどと不埒な考えを抱いたものですから見事に滑ってしまいました。
サギ士策に溺れて赤っ恥!ってところでしょうか(涙)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ノビタキ      キビタキ >>