彩の国 夢見人のフォト日記

ckonkn.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 30日

北の湿原のキビタキ

在庫から木道奥で出会ったキビタキです
 まさかカラマツの幹に止まるとは
d0125872_19293552.jpg
d0125872_19331636.jpg
d0125872_19352013.jpg
d0125872_2020082.jpg
d0125872_20201481.jpg
d0125872_20211496.jpg

 キビの胸の羽の奥は黒っぽいのですね
d0125872_20551794.jpg
d0125872_2102564.jpg
d0125872_2103393.jpg


by ckonkn | 2009-07-30 21:03 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by keityu at 2009-07-31 05:58 x
彩の夢見人さん、おはようございます
ええ~?カラマツの幹にも止まるんだあ。
こんなシーンは見た事無いですからね~。
やっぱり北の湿原は見所が満載で、何度も”単独で”行きたくなる訳だ。
Commented by 越谷住人 at 2009-07-31 06:19 x
彩の夢見人さん、おはようございます
単独で行くとこんな素晴らしいシーンが目白押しなんですね
背景も言う事なしだし、恵まれすぎですよ
でも、某政令都市グループは単独遠征で良いのを撮って来ながら、団体行動をすると連帯責任だと言って撮らせないよう、
現場の鳥さんに話しつけておくのが唯一の不満かな(笑)
Commented by auroreus at 2009-07-31 08:24
彩の夢見人さん おはようございます
やはり北の湿原は素晴らしいフィールドですね、
全ての鳥さんが巨匠に微笑んでいるようじゃないですか。
特に最後の二枚のキビ絵は素晴らしい…
普通なら飛んでしまう翼の白い飾り羽の質感がチャント出てます。
こんなキビ絵を撮ってみたいのですが如何せん私のアームでは…(哀)。 
Commented by ckonkn at 2009-07-31 12:50
keityuさん こんにちは
こんな止り方は初めて見ましたよ、普通はどんなに短くても横枝ですからね。
何方かのように素晴らしい情報源と人並み外れた行動力がありませんので
ここで極普通の鳥さんに出会ってせめて変わった仕種を撮るしかありません(涙)。
夢見人にはちょうど手頃、いや、足頃な場所ですよ。
ここに、小青やオレンジの子が居てくれたらな~あ!
Commented by ckonkn at 2009-07-31 12:54
越谷住人さん こんにちは
この場所は名人が前回独り占めした場所の手前の丁字路ですよ。
2時間近く遊んでくれたのでふんだんに撮ることができました(ポリポリ)。
悪い手口ですね、元を糾せば隣の市から蔓延してきたように思うのですけどね。
唯一手を染めていないで孤高を守り、裏の道も歩かない(“けない”かな?)のは夢見人だけですよ。
皆さんが撮り飽きて見向きもしない鳥さんに遊んで貰っているだけですから、
鐘撞堂のお方と較べれば可愛いものです(笑)。
Commented by ckonkn at 2009-07-31 13:00
クロジーさん こんにちは
ハイクラスの鳥さんにも微笑んで貰いたいのですが、
夢見人の可憐な微笑みに対しては皆さんが撮り飽きたこの子達だけですよ(寂)。
この日は晴天で、この場所も高い木ばかりなので、程良い光具合になってくれたようです。
カメラまかせでシャッター押しただけですから、こんな幸運は2度とはないでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 北の湿原のキビタキ_Ⅱ      北の湿原のノビタキⅣ >>